1981年生まれの犯罪者予備軍無職の裏も表もない日記

日々の出来事を書いてます。コメントもらえたら励みになります。

私たちは機械でもないし、奴隷でもない。ほとんどの仕事が仕事じゃなくて死事なんだ

ネットでバイト求人を漁ること1時間。あった。インディードで見つけた。高時給のアルバイト。ホテルの客室清掃。

 

 

客室清掃ってどうなの?

f:id:hamaren:20181115223411j:plain

高時給/ホテルの客室清掃 - 東京都 港区 虎ノ門駅 - Indeed.com

 

まずはこの求人を見てみたい。この仕事で自分がいいなと思ったところは時給だけではなく、求人に書かれてあった「清掃業務なので接客をする機会はありません。笑顔で人と話すことが苦手でも大丈夫。黙々コツコツ作業するのが好きな方に最適です。」ってところ。

 

今の私(今月いっぱいで仕事を辞める)は覚えることの多い接客業よりも、適度に体が動かせて、人間関係の煩わしくない職場が理想なのだ。でもどんな職場でも人間関係はつきもの。工場でシールを貼るだけの作業でも人間関係は必ずある。でもできるだけややこしい人間関係はない方がいい。それにコツコツ作業するのは私向き。といっても大概は作業が遅いなどのクレームが入り、主任的な立場の人に注意を受けることが多いんだけど。

高時給ってどうなの?

高時給は時給が高いなりに大変というのがもはや一般常識。だからホテルの清掃作業は楽な仕事ではないと思う。東京の最低賃金は時給985円(2018年11月現在)なので、ほとんどのアルバイトは時給1000円以上になる。その中でも時給1300円は高い方。できれば、面接して無事に12月から働き始められたらいいと思っているんだけど、どうなることやら。

 

ただ心配なのは予想以上に仕事がハードで年明けを待たずして辞めたいと考えてしまった場合だ。そうなると年を越すのが金銭的に非常にきつくなってくる。だからたとえ受かっても素直に喜べないというのが本音。結婚が人生のゴールではなくスタートであるように、私にとってはバイトに受かってからが本当の意味でのスタートになるのだ。

日払い希望ってどうなの?

私は自身の生活のため、日払いを希望している。それだから良い仕事にありつけないとも言える。はっきりいって日払いの仕事に良い仕事などない。どれも時間の切り売りばかりでろくでもない。でもそのろくでもない仕事をしたいと希望している人種がいる。それが私。とにかく日銭が欲しい。日銭がなければ息絶えてしまいそうになる。何とか東京の暗黒をギリギリ耐えている。今の私は飢えた狼。明日の貯えなどない。あるのは勇気と想像力、そして少しの友人だけ(相手がどう思っているのかはわかりませんが…)。

ほとんどが仕事じゃなくて死事なんだ

f:id:hamaren:20181115233217j:plain

できれば働きたくないのが人間。そりゃ楽しい仕事だったらやりたいけど、ほとんどの仕事が死事と化してる。勤務体系、福利厚生、給料、人間関係。どれも自分で決められない事ばかり。自分の裁量で決められないってことは、つまり他人の権限で決められるってこと。他人が決めたことに従うだけならまだいいんだけど、他人が自分の都合のいいように決めたことで(主に会社の利益のためや、権限を持つ人間の好き嫌いなどによって)、それに自分が巻き込まれ、疲弊することが実に多いと感じる。

 

仕事は文字通り、任された事をするもの。その任された事にいちいち口出ししてくる、文句を言ってくる人たちや、その出来栄えを評価してくる人たちがいる。資本主義経済の中でしょうがないことだとは私も理解はしている。生産性を上げることが企業の目的でもあり、利益優先なのも頷ける。しかし、それによってどれほどの人間(主に経済的弱者)が傷ついているのかっ。私を含め、生活保護一歩手前の人たちがどれだけ苦しめられているのかっ。口を出さずに金を出せって言いたい。

私たちは機械でもないし、奴隷でもない

f:id:hamaren:20181115233144j:plain

経営者の本意は人間を雇いたいのではなく、機械にできないからしょうがなく人間を雇っているに過ぎないのだ。それをさも人格者のごとく「人材は人財です。我が社の財産は人材です」などとキレイごとをうたう。私たちは機械でもないし、奴隷でもない。働いている人の笑顔の裏にはそういった思いがある。

 

上場企業じゃなければ、新店舗を作る資金があるなら、従業員の給料を上げて欲しい。特別ボーナスでもいい。会社の利益を上げることを最優先にする経営にしないで欲しい。それが資本主義なんだと言われれば、人間はもう滅んだ方がいいと思う。それが人間のためだし、延いては他の生物のためでもあると、私は思う。上場するなら金をくれ!いや、金などいらない。欲しいものなど何もない。何が欲しいのかわかっていれば、こうしてのんきにブログなど書いてはいないんだ。私たちは機械でもないし、奴隷でもない。人間なんだ…。