俺と友達になってくれ!

仕事が辛い、人間関係の悩み、恋愛、失恋、孤独。何でもいいから誰か私とお話ししてください。…寂しいんです。

高知県出身者は酒好きで酔っ払いで禁酒ができない

f:id:hamaren:20180829212702j:plain

飲酒費用 2016年第一位 高知県

高知県民が誇れるもの、それはアルコール消費量日本一!高知生まれの無類の酒好きの私。酒好きの理由は出身が高知県だから。

高知県出身者は酒好きで酔っ払いで禁酒ができない

親戚の一人はアルコール依存症になった。今は禁酒しているらしい。元気で何より。困ったことに私の家族は全員酒好き。まず両親が大酒飲み。母親はハイボール大好き。父親は行方不明なのでわからない。妹は私よりも飲む。年の離れた18歳の弟は16歳から酒を嗜み。その弟は現在、居酒屋で勤務。

 

私が初めて酔った思い出は、小学生の頃に家に置いてあった梅酒を大量に飲んでベロベロになったこと。それから16歳で本格的に酒の味を覚え、初の二日酔いになった。17歳で土木作業員をしていたこともあってか、仕事終わりに職場の人たちに誘われるまま飲み、最後はへべれけ、泥酔。初めは生ビール、焼酎、ワイン、日本酒、ウイスキー、そんな私は何度も二日酔いを経験し、もう金輪際、酒はやめよう。禁酒をしようと神に誓うのだった。

 

現在、私は37歳、そろそろ正しい酒の飲み方を覚えてもいい頃だ。これ以上飲んだらヤバいな~、この辺で止めとこうかな?などなど。毎度、二日酔いになったら、もう酒は見たくもない!と思う。けれど、夜になったら飲んでしまっている自分がいる。タバコは止めれても酒を止めることはできない。理由を考えてみた。なぜ私は酒がやめられないのか?答えはやはり高知県出身だからと出た。もはや私が生まれた瞬間から私の酒好きは決定事項だったようだ。

 

昔、私は家で一人飲んでいると誰かれ構わず電話してしまう癖があった。そのお陰か、友達も随分と少なくなった。夜勤をしているときなど、酔っ払って早朝だろうと電話を掛けていた。30代になり、さすがにヤバイことに気がつき、どんなに酔っ払っても電話を掛けることはしなくなった。絶対にメールもしないように心掛けている。酔ってメールや電話をするとロクなことが無い。とまでは言わないけど、友達を無くすこともある。それが原因で彼女にフラれたことは記憶にはない。けれど、もしかしたらあったのかもしれない。覚えてないだけで。

 

昨日はかなり飲んだ。家で一人で飲んだ。安い焼酎の水道水割。水が不味いなーと思いながら飲んだ。で、軽い二日酔いになった。だから今日は酔っ払いながら仕事をした。酒が完全に抜けたのは仕事を終え、先ほど帰宅してからだ。しかし私はアル中ではない。昼間は一切飲まないから。なぜだかわからないけど昼間は酒を飲みたいと思わない。夜になると無性に飲みたくなるのだ。こうして酒で人生を振り返ってみると、よく死ななかったと思う。ここだけの話、飲酒運転もね。物損事故は何度もあるけど運良く人は跳ねてない。若気の至り。でも記憶にないだけで実は何人も轢いてたりして…。だったら怖すぎる。今は車に乗らない生活だから安心安心。早く酒よりも魅力的なものを見つけないとね。飲みすぎて記憶無くして死んじゃうから。