ブログを書いても書いても読者が減るのはいつも悲しい

f:id:hamaren:20180628220118j:plain

悲しい。私は泣いた。理由はまた読者が減ったからだ。私が泣くとおちんちんも一緒に涙を流す。そっとふき取る。ごめんなさいね。私が不甲斐ないばっかりに。だから今は悲しい曲ばかり聴いている。

ブログを書いても書いても読者が減るのはいつも悲しい

なぜ人は悲しむのか?それはおまんちょをしていないからだ。おまんちょをしていれば悲しむこともない。私はおまんちょをしていないので、悲しいのだ。

 

「先生!女子のおまんちょってどうなっているんですか!」私が小学生の頃、こんなバカな質問をしていた横チンも、今では結婚していて、4児の父だ。反対に私はというと未だにうだつが上がらない独身アルバイト。横チンは冬でも半ズボンを穿いていた。ロッカーの上に座っていた横チンの半ズボンの脇から横チンしていたから横チンって呼んでいた。懐かしい、横チン元気かな。

 

それはそうと、このブログももうすぐ記事数が1000件を越す。なのに書いても書いても読者が減っている。そしてブログに注力すればするほど収入も下降している。私がブログを書き始めた当初は、正社員で手取りで30万円と、ボーナス年2回30数万円をもらっていた。だけど今は手取り15万円以下、ボーナスなしだ。それにこの前、知り合いのブロガーに不審者扱いされ、とても悲しい。私は悲しくなると無性にカラオケに行きたくなる。カラオケに行って悲しい曲をいっぱい歌いたくなる。そうするとストレス発散になるから。あー、悲しい。人に嫌われるのがこんなに悲しかったって忘れていたよ。しかも悲しいからまたしこっちゃったよ。しこっているときは悲しみを忘れられるから。カラオケに行って、おまんちょをすれば最高だね。

 

ここだけの話、私はプライベートでは一切、下ネタを話さない。ブログで散々下ネタを書いているので、下ネタ欲が満たされているからかもしれない。あとは彼女を作るだけだ。私は今年中に彼女を作ることに決めた。谷崎潤一郎の小説、痴人の愛のようなロリコン趣味ではない。おまんちょなら誰でもいいからとにかく彼女を作る!こう決めたのだ。もちろんブログではおまんちょを紹介しないようにする。こんなブログを見られたらおまんちょなんかできっこない!私はおまんちょの前で下ネタなど一切話さない、紳士然として振る舞う。こうすれば絶対に彼女ができるのだ。今に見ていろ!突然、「私たち結婚しまーす!」って言ってやるわ!目にもの見せてくれるわ!しこり過ぎてちんちん痛いわ!あふーん。