遊びまくる!

アラサー無職のカオスな日記

桜がキレイだった代々木公園と弾けて見せてボーイ

f:id:hamaren:20170404235630j:plain

桜の季節は出会いと別れの季節。

天気も晴れから曇り、雨へと変化し、ぼくの思い通りにはなりません。桜咲く、ぼくは未だ、つぼみです。アンニュイをぶっ飛ばすため、代々木公園の桜を花見してきました。

代々木公園

大勢の大学生がシートを広げ、バカ騒ぎ。ぼくはそっと横目で睨む。キッ。許そう。花見の席では遠慮はいらぬ。騒いだもん勝ちだ。歌え叫べ踊れ。迷惑という言葉を知らぬへっぽこ共よ。ぼくは心が広いので許そう。サラリーマン皆無。みな一様に若い。エネルギッシュ。いいなーいいなー若いっいいなー。花見客に羨望を投げるぼく。キッ。

 

f:id:hamaren:20170405000728j:plain

f:id:hamaren:20170405000735j:plain

わざとらしく、写真の光量を上げています。

花見の若者

音量の壊れたラジオがあっちこっちにいる。若者よ大志を抱け。そしてぼくも仲間に入れておくれ。いや、やっぱりやめておくよ。人には所属するクラスがあるんだ。アッパー層とかマス層とかいうヤツだ。一番上は超富裕層だ。ぼくかい?ぼくはどこの層なのかって聞くのかい?まあ、待つんだ。土足で人の家を荒らすもんじゃない。大人には聞いて良いことと悪いことがあるんだ。よく覚えておいてね。春っていいよね。花見に乾杯。

 

ぼくは歩いた。大手を振って明治神宮の中を代々木公園の中を原宿から渋谷まで。桜を見ながら黄昏ながら。いいだろう。千里の道も一歩からっていうじゃないか。

 

f:id:hamaren:20170405002554j:plain

途中、大道芸人に遭遇。

UFOみたいな楽器を叩いて音を出してた。SNSに上がってたら、いいね、いいね、いいねって3回くらいはボタン押すよね。演奏はうまかった。ちょっと立ち止まる。靴がおしゃれ。

そのとき渋谷は

突然の雷雨。渋谷の街のシャワータイム。ぼくは雨宿りタイム。

 

f:id:hamaren:20170405003125j:plain

 

哀しみ降り出す街中が銀色に煙って君だけ消せない。

「最後の雨」の歌詞を思い出す。センチな気分。桜の魔力がぼくをそうさせたんだ。ポエマーの浜田です。苗字だけじゃなしに下の名前が欲しい。ナイーブが過ぎる。キモいわ。自分で自分にツッコミを入れるのにはもう飽きた。つらー。ピン芸人はつらい。

 

それにしても渋谷はぼくには大きすぎた。まず緑がない。ビルディングとアスファルトと無機質な人間たちのコラボレーション。写真の奥に見える109の赤い看板。109が119に見える。誰か心の救急車を呼んでくれ。

最後に新宿

f:id:hamaren:20170405004048j:plain

 

電光掲示板。画面中央で歌っているのはiri。

iriのWatasiが流れる。いい曲だ。ヘイエガッチュームー、ウウー、ヘイエガッチュームー。ウウー、弾けて見せてボーイ。ウウー、弾けてくだけボーイ。

35歳が曲を聴きながらノリノリで弾けた。

 

ぼくのセンスの良さが伝わるいい曲だ。こんなナウいミュージックを聴くのさ。ぼくはね。