遊びまくる!

無職ブロガーのカオスな日記

有り余るほどのお金があってもやりたいことが自分が本当にしたいこと

f:id:hamaren:20170518224805j:plain

今日職場で話題になった話。もしも今、有り余るほどの使い切れないお金が無限に与えられた場合、何をするのか?という質問。

有り余るお金あったとしたら

それこそ無限にお金があったら何をするか?人それぞれやりたいことはあると思う。職場のSさんはやりたいことがないと言っていたが、嘘だ。そんなの嘘だ。そのSさんは麻雀が死ぬほど好きだから、てっきり仕事を辞めて日がな一日、雀荘で麻雀を打っていたいと言うと思いきや。麻雀はやらないときた。でも他にしたいこともないから麻雀をやるようになるんだって最終的には言っていたけど。だからぼくは言ってやった。「それってSさんが本当は麻雀がそんなに好きではないんじゃないですか?」と。本当に好きなことならどんなにお金があろうともやり続けるんじゃないのかと。結局答えは出なかったけど。

自分ならどうするのか

ぼくも自分に置き換えて考えてみた。お金が無限にあったとして、どうするか。まず仕事を辞めるのは確実。確実というか、どちらにしろ今月いっぱいで辞めるのでお金とは関係無し。まず一番に思いつくのは、赤い羽根募金やカンボジア辺りに学校や図書館を造りまくること。それでもって慈善事業に無償で取り組んでまーすって顔して宣伝し回って、現地の子どもたちと肩を並べて写真なんか撮っちゃたりなんかして、ぼくってすごいよねアピールをアピるすること。まずはこれだと思う。

例えばお金が無限にあったら

他にもいろいろ思いつく、身近なところで言えば、吉野家を貸し切りにして牛丼並盛だけを食べる。もちろんSNSでアピることは忘れずに。自慢するならフェイスブックがちょうどいい。同じく吉野家で白飯並盛を頼んで、持ち込んだフォアグラやトリュフ、イクラやウニ、カニ、松坂牛で作るオリジナル丼を食してもいい。決め台詞は「今日も吉野家かよwww」で決まり。

 

でもそれだけだとつまらないから、趣味でお笑い芸人になるのもおもしろい。金持ち自慢あるあるネタで勝負。例えば「今日も銀座のクラブで一人酒だーwww」とツイッターで呟きながら、ホステス全員給料払って家に帰して、貸し切り状態にしてからの、一人酒。なんていろいろ想像するのは楽しい。未来予想図。あっ芸人関係ないな。

本当にしたいこと

それとぼくはお金に困らなくなってもブログは続ける。ブログ愛が半端じゃないからね。どうしても自慢が多くなりがちなエントリーになってしまうけど、しょうがないよね。それが本当にやりたいことなんだから。うっそぴょーん。わたくしは嘘をつきました。本当は本を読んだり将棋したりしたいな。と思っているけど、わからないのが本音。そうなってみないと何をしたいのかなんてわからんよ。

 

以上で今日職場で話題になった話を終わりにするが、貧乏人はこうして妄想に妄想を重ねながら日々、現実逃避さながらに生きているのである。悲惨な男の物語と鼻で笑えばよろしい。以上おわり。