パンツを脱ぐ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊びまくる!

アラサーが会社を辞めて書くカオスな日記

東京を放浪するブロガー

f:id:hamaren:20170105225822j:plain

今年の抱負。

それは花の都、東京を実際に放浪してみることにしました。

35歳。ついに放浪の旅(東京都内?)に出るの巻。

東京をウロウロする

小脇に子犬を連れ、脇差しに浴衣を着て、いざ!

 

私(わたくし)はここに宣言します!

放浪の限りを尽くしますと。

 

でもね、弱気になっているわけじゃないんですけど、お金の問題があるでしょ。俗な話になっちゃうけど。それも、そのへんもリアルにお伝えできればいいなと思ってはいるんですが、それだけじゃ新鮮さが足りない。ぜんぜんおもしろくない。35歳の男がただ東京をうろうろしたところで、花がない。あまりにもない。うら若き乙女でもあるまいし。

 

でも、自分の中から湧き上がる欲求が、運命が、ぼくを呼ぶのだ。

「東京をウロウロして見なさい」と。

まずは手始めに23区を回ってみるか

安易だ。とても安易だ。

 

安い、ものすごく安い。

 

こんな小学生の自由研究ばりに、無理やりやってみるようなことはしない方がいいだろう。回りたきゃ勝手にどうぞだ。しかしカメラ片手に東京中を回れば、それっぽく(このブログのタイトル)なりそうではある。それもこれも見たい人がいるかという問題になってくるのだけど。

花の東京巡り

お昼すぎ、近所のカフェで子犬を連れて、コーヒーブレイク。

おもむろにMacを立ち上げ、パンを片手にネットサーフィン。

照り付ける外の日差しと人通り、灰色の波が寄せては返す交差点。

 

犬がいる。ぼくがいる。

 

吉日、青山のカフェにて。

 

 

こんな感じでブログを更新しているヤツがいたら、殴ってやりたい。そして、もし殴られたヤツが自分なら、こう言ってやりたい。「パパにも殴られたことないのに!」って。

 

花の東京巡り。

これほど優雅なタイトルはテレビ東京のお昼の番組にこそ、ふさわしい。あぶれたタレントが活躍する唯一の放送である。

年男おめでとう

ありがとうございます。生まれて初めて自分で自分を褒めてみました。

 

ぼくは酉年生まれなので、今年は年男になります。年男はとても縁起がいいと聞きました。それならばと、いきなり結婚するかもしれません。相手はまだいませんが、縁起がいいのだから、結婚するのでしょう。そして、子どもができるのでしょう。縁起がいいのだから。

 

お次は、このブログがいつのまにか育児ブログになっていることでしょう。「パパでちゅよー」などと、のたまいながら。

 

 

最後に真面目な話になるが、ブログの方向性を少し前から変えている。この方向性が正しいのかはわからない。ただ、やってみたいからやっているだけだが、やると決めたらやる。はたしてどうなることやら。

 

 

人の一生は動き回る影法師。あわれな役者はそろった。