パンツを脱ぐ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊びまくる!

アラサーが会社を辞めて書くカオスな日記

生活水準を下げてブログを書いて生きるという選択もある

f:id:hamaren:20160905235457j:plain

家賃が高く生活コストがバカ高い東京の新宿に暮らしているぼくは、そろそろあくせく他人の為に働いて、いくばくかの給料をもらって家賃のために働く生き方が馬鹿らしく思えてきました。

なので今回真剣に考えていることがあります。それは、家賃3万円のところに引っ越してブログを書きながら生活をすることです。

 

都会の生活は、心を疲弊させ、孤独が心を蝕んでいきます。

それはなぜかというと、都会の街ではいたるところに幸不幸の人々が行きかっていて、他人が羨ましく感じたり、自分がみじめに思えることが、たくさんあるからです。

 人生に疲れたら自分の置かれている環境を変えてみよう

会社を辞めて、家賃の安い郊外に引っ越して暮らす。

言うのは簡単ですが、なかなか実行に移すには勇気がいることだと思います。

とくに歳を取るとね。

 

若ければ、どこに行っても仕事はあるんでしょうけど、ある程度年齢がいっていると、最悪仕事がない場合もあるでしょう。

 

実家暮らしで、生活コストを抑える方法もありますが、残念ながらぼくは実家に戻っても住む部屋がありません。

1週間くらいは大丈夫だと思いますが、日に日に苦しくなってくるでしょう。

 

だったらどうするか?

 

一番わかりやすいのは、やっぱり家賃が安いところに引っ越すことがブログを続けながらある程度の自由を手に入れられる唯一の方法なのではないかと思うのです。

 

お金はなくとも自分のしたいことをしながら生きていくことは、幸せなのだろうと思います。

 

実際3万円の家賃なら、月に15万円も稼げば十分生活できそうですし。

 

そういった生活のことを世間では、スローライフと言ったりしてますが、多分スローライフが好きでやっている人っていないんじゃないかと思います。

お金が稼げないからしょうがなくやっているんだと思いますが、違ったらすいません。

 

お金があって田舎暮らししている人は、いいですよね。

お金がなくてしょうがなく田舎に暮らしている人が大半な中で、お金があって田舎暮らしは、生活コストは安いし、食べ物はおいしいしでいうことなしですよ。

それでいて結婚していれば、寂しくもないから天国モードですよ、ほんとに。

 

ぼくはそういった生活を夢見ていますが、実現の兆しすら見えません。

 

そうです。楽になりたいんです。

生きるのが苦しすぎるんです。

だから、生き苦しさの元凶の一つの仕事を辞めて、しばらくぼーとしていたいんです。

 

 

私は貝になりたい、深い海の底に沈む貝になりたい。

 

そんな映画もありました。

 

信用できるのは結局自分しかいないんですから。