パンツを脱ぐ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊びまくる!

アラサーが会社を辞めて書くカオスな日記

スローライフなブギにしてくれ

f:id:hamaren:20161223003850p:plain

スローライフに憧れて、スローライフを夢見て、ぼくは生きている。生きる、そしてまた今日も生きている。

戦うおとこ

実はいま非常に辛い状態にあるのです。お尻が痛いのです。お尻と言っても穴ではなく、筋のほうのヤツです。立っても座っても痛い。これは呪いか、丑の刻参りか?

 

誰だか知らないが、藁人形に釘を打ち付けるのは今すぐやめてくれ。頼む。それから、そやつに物申したい、いいか!恨みがあるなら面と向かっていいに来てくれ!お願いだ。いいかげん、人のケツに釘を打ち込むのはやめてくれないか。

 

それから、ついでに言わせてもらうと、外がめっちゃうるさいんだ。どうやらぼくの部屋の外のパイプが詰まっているらしく、二階から水が滝のように流れ落ちてきている。びぃちゃちゃちゃびぃちゃーーとね。

 

洗濯機がびしょ濡れになってしまって、壊れないか心配だ~

 

以上、ぼくはいま見えない敵と戦っているのです。肉体的な痛みと、騒音と戦っているのです。

スローライフなブギにしてくれ

今夜はなんてブギな日なんだろうか。と思った。痛みと音のコラボレーションに苦しめられてはいるが、それもこれもすべてはブギなんだってこと

 

ブギって何?それは音楽なんだ広い意味で

ブギ(boogie)とはスウィングまたはシャッフルのリズムによる反復フレーズでありブルース、スウィング・ジャズ、ロックンロールなどの音楽で用いられる。 ブギーとも表記される。 元々ピアノで演奏されたブギウギ(boogie-woogie)スタイルのリズムをギターやダブルベースなどの楽器に適用したもの。

参照:ブギ

 

いきなりですが、来年はスローライフで生きようと思いました。それは奴隷からの解放を意味していて、すべての責任を放棄してスローに生きる。たまにブギな感じにもなる。

 

歌で言えば、東京ブギウギの世界観。いいじゃないか。そんな生き方も

 

 

一刻も早く、スローライフに切り替えたいが、そこは大人の事情。我慢するは我慢する。でもやるときの決断は早い。楽しみでもあるが、期待と不安が交差して、なんだか少し落ち着かない。

 

それでもぼくは望むんだ、スローライフなブギにしてくれって

本当の自由を求めて

みんな本当はもっと自由になりたいと願っているんじゃないかな。空を自由に飛びまわる鳥たちのように。自由は難しい、だって持て余すから。ある程度の拘束された時間は必要で、そのなかでの自由が理想的なんだと思う。

 

 

最近書くぼくの記事は笑いのエッセンスが足りない。真面目すぎるきらいがある。まったくもって困ったもんだ。

 

今回も笑いはゼロだが、最後はこの言葉で締めくくりたい

 

 

未来の嫁さんに伝えたいことがある。

スローなブギにしてくれ

Want you