遊びまくる!

アラサー無職のカオスな日記

これからは「働かざる者食うべからず」ではなく「働かざる者食ってよし」になる

f:id:hamaren:20161104005652j:plain

みなさん今日も働いてますかーーー?ぼくは毎日電車に乗って、会社に行って、働いておりますよ。「働かざる者食うべからず」とは昔の人の言葉です。これは脈々と現代の日本にも受け継がれ、生活保護受給者やニートや引きこもりの人たちに牙をむいています。

 

牙をむく人たちが声高に、「働かなくてはいけない」「なにかを生産しなくては生きている資格がない」と言っているように聞こえます。

 

そもそも生きることに意味などないのですから、生産性を上げるとか、そんなのはどうだっていいことだと思います。GDPや経済成長なんかクソくらえじゃないですか??

遊び人こそ食ってよし

遊び人といえば、ドラクエをやる人ならピンとくると思います。遊び人は途中で賢者に生まれ変わります。それがこの日本でリアルに起きようとしているんです。

 

世の賢人たちはこれからの世の中は、遊び方がうまい人、遊びができる人がお金を稼ぐ時代になるだろうと言っています。

 

これは真面目がダメだと言っているんではなく、バカ真面目だけでお金を稼ぐことは難しいくなってきたといっているんです。

 

理想は自分の好きな遊びを極めて、それを世の中(世界)に発信していくことができればいいんじゃないかな?と思います。

昔は働かざる者食うべからずだった

過去の話はしたくないですが、(ならするなよ!でも少しだけ)ぼくの親の世代の人たちは、「働かない者=生きている価値がない」の図式が好きな人が多いと思います。

 

この考え方の人たちは、登校拒否や引きこもりをとにかく無理やり学校に行かせたり、部屋から出そうとします。彼らの意見や話をじっくりと聞くこともなくね。

 

彼らには彼らの考えや気持ちがありますから、北風と太陽のごとく、無理やり風をふかせばいいってもんじゃありません。

 

もうその古い考え方そろそろ終わりして、働かなくて(会社勤めをしなくて)どうやったら食っていけるかってことを考えてみた方がいいんじゃないかって思うんですよね。

糞を食らう人生

ぼくは実際に糞を食ったことはないですが、10代から30代の今まで地面に這いつくばって生きてきた人生(仕事で疲れていた人生)だったんです。(客観的にみて)

 

学歴なんかクソくらえ!で履歴書に書けることで自慢できることなどありません。だからいい仕事などあるわきゃない。どれもこれも疲れる仕事ばかりで、キャリアも積めなけりゃ、潰しもきかない。

 

気づけば35歳。

 

転職も難しい歳になり、これからどうすりゃいいのか途方に暮れる毎日。

 

糞は食うものではなく、トイレに流したり、畑の肥料にするもので、肥溜めの中でもがき苦しんでいた人生を変えたい!そう思った今日この頃。まずはブログを書きながら身の振り方を考えていきたいですね。(心の中では、ほぼ決まってますが・・・)

 

 

サラリーマンは~気楽な稼業と来たもんだ!!

by植木等