遊びまくる!

30代無職のカオスな日記

宗教の強引な勧誘を受けてきた!新興宗教、カルト宗教とは?

f:id:hamaren:20161009213344g:plain

日蓮系宗教の勧誘を受けてきました!宗教と言ってもいろいろな宗派や仏教やキリスト教などさまざまですが、今回は仏教(日蓮系)の宗教でした。結論から言うと、勧誘こそ強引でしたが、ぼくはその宗教団体に入信することはありませんでした。(帰りに本を1冊と宗教新聞と広告をもらいました)

 

勧誘をしてきた人は、以前webの職業訓練校で同じクラスだった女性からで、もう一人は50代くらいのおばさん、2対1で2時間ほど喫茶店で話しをしました。

 

この訓練校で出会った女性は、20代で地味な感じの声も小さめで自分からは積極的に話はしないタイプ。他の訓練校の知り合いから、この女性からFacebook経由で突然連絡がきて、会ったという人が2人いて、その人たちから事前に話を聞いていたので心構えができていた分よかったですが、これが突然だったら、たぶんびっくりするんだろうと思いました。

以前にその話を聞いた2人もその2人からしつこい勧誘を受けて、逃げ帰ってきたようでした。

 

ぼくは宗教自体は無宗教ですが、個人的にも宗教やカルト教について勉強していたこともあって、興味本位で話を聞きにいきました。

話をひとしきり聞いて、ぼくなりに考えている宗教、とくにカルト的な教団に共通する。5つの項目にドンピシャに当てはまっていたので、そのことについて質問しました。実際に信者の人に質問しての回答ですので、間違いないと思います。以下

この宗教(教団)を信じないと地獄に落ちる

他の宗教はすべて悪であり、この宗教(宗派)こそが正しく本物であるという論理。

地獄に落ちるとまでは言わなくても、成仏できないだとか、天国にいけないだとか、言い方はそれぞれ違ったりします。

言い方こそ違えど、意味は、みな同じで、要は信じない者は不幸になるってこと。

 

もし本当にそうなら神様は、なんて心が狭いんだろうなと思いますよね。

信じる信じないに関わらず、万人を助けてこその神ではないのだろうか?

ちなみにぼくは神様を信じていません。これは個人の自由ですからね。

 

でも神社にお祈りとかは結構してます。あんまり効果はありませんけど。

信者からの金銭授受がある

宗教法人など宗教がビジネスとして成り立っている現代において、これはお布施などの言葉に言い換えられ、年会費や月単位で数万円のお金をその宗教団体に入れていることは、どの宗教団体でもあることです。(無いところもあるかもしれませんが)

 

だって宗教新聞を刷るんだって、会館を借りたり建てるのもお金がないとできませんよね。そのお金の出どころは、信者から集めたお金です。

 

お金を信者からうまいこといって集めないと、団体として成り立たないのだから。

信者を多く勧誘すると出世できる

マルチ商法のねずみ講などと同じ構図ですね。

幹部になるとどんなことがあるのかは、聞けませんでしたが、その宗派の新聞によると九月総幹部会が川口総合文化センターで開催された、全国から代表幹部4000人超が参加したと書いてありました。

 

勧誘してきた信者の人に聞いてみたところ、やはり信者を多く勧誘すれば、出世するそうでした。これは会社と同じで、成績優秀な人材が出世するのは、宗教団体でも当たり前なんでしょうね。

輪廻転生、生まれ変わりの論理がある

これこそカルト教団に共通する絶対事項で、これがあることによって信者から金銭を得ることができ、宗教そのものが成り立っているといっても過言ではありません。

 

この世があり、前世があり、来世がある。

 

この世で徳を積むことによって、安らかに成仏できて、来世も幸せに暮らせる。

怪しい宗教には必ずこのワードがあります。

このワードが出てきた時点で、詐欺に近いと思っていいと思います。

 

だって前世なんてわからないし、来世などわかりようがないんですから。

生まれ変わりがある」というだけで、いろいろと教団に都合のいいような事柄ができあがるのです。

 

はっきり言います。輪廻転生はありません。よって生まれ変わりもありません。

過去の伝説(逸話)がある

後付けに過ぎないことを誇張して書いてあったりします。

昔の地震のときにその一角(教祖の家)だけ被害にあわずに残ったとか、その教祖だけ助かった(殺されなかった)とか、光がさして敵をやっつけただとか、上げ出したらキリがありませんが、これってすべて過去のことなんですよね。

 

過去のことをこれ見よがしに、伝説として書いているだけ。確かめようもないことだから信じるしかないってこと。

 

そんなにすごい伝説がいっぱいあるのに、なぜか未来は予言できない。

未来については誰も予言できません(どんな偉大な教祖でも)。だいたい起こることはわかっても、肝心ないつ起こるのかはわからないんです。

 

それはなぜか?

教祖だって人間だからです。本物の神様ならわかりますよね。だって全知全能なんだから。

 

よって過去の伝説は本当のこともあると思いますが、それは過去のこと。

過去にどんだけすごかろうが、なんの役にも立ちません。

 

まとめ

宗教(カルト)の共通点ばかりをあげつらいましたが、実は宗教にも良いところはいっぱいあるんです。

それを次回に書こうと思います。

 

信じる信じないは、個人の自由です。これらはあくまでも個人的な宗教についての感想ですのであしからず。