遊びまくる!

アラサー無職のカオスな日記

はてなブログの読者が増えない理由はなぜだろうか?

f:id:hamaren:20161029010558j:plain

はてなブログを始めて、かれこれ数か月経ちますが、読者の数が開始当初から一向に増えません。それはなぜか?考えました。そして一つの結論に達しました。

 

答えは、誰にも求められていないから、なんですね。

 

そもそも読者になりたいブログというのは、自分にとって有益な記事を配信してくれるブログか、めちゃくちゃ面白い記事を書くブログか、成長過程を見るのが楽しいブログかのどれかですよね。 

読者が増えない本当の理由

読者が増えるブログとは、成長している過程を見られるブログだと思います。とくに20代の若い世代の人はこれからの成長株ですから、ブログを見ている同じ世代の人をリピーターにしやすいのです。

 

いろいろ考えてみましたが、それもこれも上手くいかない理由のこじつけではないかとも考えられます。

 

上手くいかなくて良かったことが一つだけあります。それは他の人よりも悩んだ分だけ、うまくいかない人の気持ちがわかるってことです。人生において、あまり苦労したことがない人は、人間的に浅い人が多いと思います。(ぼく調べ)それに比べて、苦労したことが多い人は、懐が深い人が多いです。

 

しかし、あまりにも苦労をし過ぎると人間的に歪んできたり、精神的に問題を抱えてしまう場合も多いので、その人が耐えられるであろう、適度な苦労が人間を味わい深いものにするのではないかと思います。

 

僕のようにニュース記事をオピニオン記事として配信しているのでは、SEOはいいのかもしれませんが、リピーターにはなってくれないってことです。

リピーターを増やすためには

ぼくなりに考えた結果、いくつかの原因があり、その原因を払拭しない限り読者は増えないという結論に達しました。

 

まずは簡単に着手できることで、成長を見せることができるようにする!があります。

それとヘッダー画像も自分アピールがひどいので、もう少し簡素なものにする。です。

 

これらをまずは重点的に改善していこうと思っています。

世の中には理不尽なこともある

真面目にコツコツと頑張ったからといって良い結果が出るとは限りません。男女の関係でもそうですが、どんなに好きでも叶わない恋だっていっぱいあります。

 

世の中は不公平であり、不平等である

 

そのことを憂いたり、悩んだりしても前には進めない。

 

いかに知識があろうとも、その分野でうまくいくとは限らない。

 

いかに経験があろうとも、その事業を成功させられるわけではない。

 

秋の夜長 「まんがで身につくPDCA」でも読んでみたいと思います。

 

f:id:hamaren:20161029013917j:plain

 

涙の数だけ強くなれるよ
アスファルトに咲く花のように
見るものすべてにおびえないで
明日は来るよ 君のために
涙の数だけ強くなろうよ
風に揺れている花のように
自分をそのまま信じていてね
明日は来るよ どんな時も
明日は来るよ 君のために

参照:岡本真夜「TOMRROW」