遊びまくる!

アラサー無職のカオスな日記

雇われ社長がまた怒った。

f:id:hamaren:20170520184616j:plain

仕事を辞めるまであと1週間を残して、社長がまた怒った。

ぼくが1年前に作った女子求人サイトを勝手に削除していたからだ。というのが社長の言い分であるが、ぼくはこの人をバカにしたような言い分に腹が立ってしかたがない。

[contents]

コミュニケーションが取れていない会社は業績が下がる

この雇われ社長は話す言葉の端々に自分の方が優秀な上司だ!感を披露する人。だから社員は誰も率先して話したがらない。話していても自分の知識の披露しかしないからツマラナイ。「そうなんですか」「そうなんですね」の二返事だけで完結する。話にユーモアやオチをつける考えが一切ない。仮に意見しても部下の発言を聞き入れる頭がそもそもないためすべて無駄に終わる。だから誰もこうした方が良くなるとわかっていても意見を言ったりしない。誰もが社長の言われた通りに動く機械と化している。ぼくが感じた空気感。社長と部下のコミュニケーションがうまく取れていない会社の業績は上がらないということ。コミュニケーションの活性化の重要性。いつも社内がお通夜のように暗くどんよりしている。そんな会社の業績が伸びるわけがない。

社長が怒った

ど頭で書いたように社長が怒った。社長の言い分はぼくが勝手に女子求人サイトを削除したのが理由。社長はこのサイトのURLを求人広告に出す予定だったらしく、代理店からサイトにアクセスしてもページがないと言われ、ぼくに突っかかってきた次第だ。

 

「聞いてない」まずはぼくの率直な感想。そもそもぼくが作ったこの求人サイトのこともどんなサイト内容なのかも社長から聞かれたことはない。ぼくが知る限りこのサイトについて社長と話したことはない。しかしぼくが勝手に作ったわけではなく。サイトを作成する以前に女子求人のサイトを作ってほしいと言われていたから作っただけ。でもいざワードプレスで作ったサイトを更新(記事)を誰もやらないため、あっても意味がないと判断して(お金もサーバー代年約6000円、ドメイン代年約1000円)の費用も掛かるため。サイトを一旦、閉鎖したのである。これについてはぼくも社長に言っていない非はあるが、社長に言う必要もないと判断した。このサイトを更新してくれた主任には反響がないから停止する旨を前々から伝えてあったからだ。

先に言えよバカ社長

サイトを広告に出すのなら出すって言ってくれればそんなことにはならなかった。その社長の一言があれば、もっとサイトのクオリティを上げたりしても良かったのに。今のぼくの心境は「先に言えよ!バカ社長」だ。それを聞いた社長はぼくにこう言うだろう。「サイトを閉鎖した?閉鎖する前に俺に言えよ!バカやろう!」。どちらも聞いてないの一点ばりとなって話が進まないため、ぼくは新たにドメインを取り直して、サーバーを借り。バックアップは取ってあるのでワードプレスでサイトを復活させると宣言してその日は幕を閉じた。辞めるまであと1週間。バックアップはあるもののそれを復活させたことは経験上ない。うまく行けばいいのだけど…。人生にバックアップはないのである。