遊びまくる!

無職ブロガーのカオスな日記

夏です!海です!ポロリの季節です!

f:id:hamaren:20170714232300j:plain

男はポロリに弱い生き物だ。世間は海開きで、右も左も水着水着水着。ビキニビキニビキニ。今年もやって参りました!ポロリの季節ですよー!

夏本番でたまらんちん

いやはや、一年の早いこと早いこと。もう夏本番ですよ。男にとっては最高の季節ですな。まったく。この三連休に湘南辺りに行けば、水着のギャルがうじゃうじゃと、くー。たまらんちんですな。ポロリは夏の風物詩である。女にとっては、ひとポロリでも、それが男にとっては一生モノの宝になるなんてこともあるのだ。

直感映像記憶

今でこそスマホで写真をパシャッと簡単に撮れるが、カメラが写ルンですの時代には、一瞬を逃さずにカメラに収めることなど素人やガキには到底無理だった。だから、ぼくらは創意工夫で「念写」という技術を応用をした。目で見たものを頭に映像として焼き付ける技術「直感映像記憶」なる能力。人間の潜在能力をぎりぎりに高めた超能力の向上に日々明け暮れたのは懐かしい思い出であった。

目に焼き付ける

人は視力があれば、ほとんどの情報を得るために目に頼ってしまう。視力を失い目が見えなくなれば、鼻や耳や触覚など、その他の器官がより鋭敏になる。昔のように写真が今ほど手軽に撮れなかった時代の男たちは、海やプールで起こるハプニングを自らの目で脳で全身全霊で、あらん限りの力を使って、目に焼き付けていたのだ。そして彼らはその心のフォトグラフを死ぬまで大切に脳内に保存しておくのだ。例え認知症になろうとも、ガンに侵されようとも、体が朽ち果てようとも、魂という名のメモリーに刻まれた、一瞬のポロリを大切にフォルダーに分け、名前を付け、日付を付け、永眠するのである。

ポロリが世界を救う

ポロリが世界を救う。うまく説明できないが、ひと言でいえばそういうことになるのである。女諸君には、ぜひこの言葉を合言葉にして、夏をマンキツして欲しいものだ。

 

水着に着替えるときにポロリ。ビーチパラソルを立てるときに、またポロリ。海に入って波にさらわれて、3ポロリン。海の家で昼飯食べて、ポロリんちょ。好きな男の子の前で、うれし恥ずかしポロリーヌ。スイカ割で目隠しポロリン。ビーチバレーで脱げちゃった!なんて、ねっ!

いいね夏って、文章書いてるだけでうれしくなっちゃうね。そんな感じで今日はおしまい。