遊びまくる!

30代無職のカオスな日記

PDCAはいらない

f:id:hamaren:20170417195152j:plain

ビジネスではPDCAを回せって良く言われているけど、ぼくはPDCAはいらないと思っている。だってPDCAには終わりがないからね。

PDCAはいらない

計画→実行→評価→改善。改善まで到達したらまた新しい計画を立てての繰り返し。エンドがない。これじゃ一生会社の犬になる。ラットレースから抜け出すこともできない。自分が会社の社長だったら、社員たちには歯車を回すラットになってほしいからPDCAを回せっていうだろうね。それに気づかない社員は奴隷のように働いて一生を終える。会社のために手となり足となり一日の半分以上を捧げて死ぬ。

 

そのころ社長は悠々とハワイ辺りで寛いでいる。馬鹿な社員はそうとも知らずに頑張って上役の評価を得ようとする。だからPDCAなんか回して達成感に浸ってないで副業(自分のこと)に精を出した方がいい。会社に属さないで食っていくために勉強したり努力する。そっちの方面でPDCAを回すのは大賛成。ちなみにぼくは自分のためにPDCAを回しているつもりだけど、全然うまく回ってないんだ。いや回ってないというよりか、うまくいってない。どうしてなんだろう。

暇つぶし

仕事でいつも忙しそうにしている人は仕事を見つけてくるのがうまい人なんだ。仕事の業務なんてやってもやらなくても同じなことが多い。本人は大切だと思ってみても大して変わりはしない。ぼくは一日中、寝て過ごしたり、本を読んだり。美味しいものを食べたり、友達と酒を飲んだりすることが好きだ。とくにゴロゴロしていると幸せを感じる。何もしないと休みがもったいなく感じたりもするけど、そのもったいなく感じる度合いが強い人が仕事好きなんだと思う。人生は大いなる暇つぶし。みんな時間を持て余しているから仕事をする。もちろん収入を得るために働くんだけど、仕事好きっていう人は暇の処理の仕方が下手だから仕事をしているんだよね。ぼくも仕事を辞めて暇ができたらぼーとして、散歩して、寝たいときに寝て、食べたいときに食べて、本を読んで、ブログを書いて、実家に帰って母親の顔でも見て、ゆっくり時を過ごそうと思っている。人生には仕事以外のそういった暇つぶしが必要なんだと思う。

 

PDCAの話から大分それちゃったけど、日本経済はこれから超高齢化社会に突入する。消費が減って、収入が減って、人口が減ってと高度経済成長期とは真逆の成長になる。だから今までの生き方では苦しくなってきて当然なんだ。成長することが社会的にも会社的にも人間的にも大事なことだと言われてきた。そんな考え方ではなくて、もっとゆるく自分らしく人間らしい生き方を模索するといいと思う。だからぼくは適当に働くし、適当に生きることを選択したいんだ。まずはそのPDCAビジネスを捨てて、ゆっくりのんびりしてみたらどうかな。仕事が終わったと思ったらまた仕事じゃあんまりじゃないか。うっきー。