遊びまくる!

無職ブロガーのカオスな日記

食べ物を駆使した中国のメイクアップ動画を見ました。

f:id:hamaren:20170623160348j:plain

www.facebook.com

中国人のMsYeahがお菓子や果物などを使ってメイクアップしている動画を見た。会社内で撮影されているこの動画に会話はなく、ひたすら化粧していく。隣の男も女装されられる。最後に流れる謎の中国語の歌がかっこいい。

食べ物メイクアップ

f:id:hamaren:20170623143200j:plain

画像:Ms Yeah - I was invited to a festival, so I DIY some...

化粧に使う食べ物の一覧画像。つけまつげは隣の男の髪の毛で代用していた。匂いは甘い香りがするのだろう。食べ物だけに皮膚が痒くなりそうだ。化粧品が無くてもメイクができることを証明した動画だった。

顔パック

f:id:hamaren:20170623144348j:plain

画像:Ms Yeah - I was invited to a festival, so I DIY some...

化粧をする前に顔パックをつけているのは常識なのだろうか。男に化粧するときも始めに顔パックをしている。ぼくは顔パックをしないからわからないけど、この工程を踏んだ方が化粧のノリがいいのだろうか。それとも別の意味があるのだろうか。

メイクアップ技術の進化

本格的な化粧品を使用しなくても、ここまで完璧なメイクができるとは恐れ入った感じがする。メイクアップ技術の進化というより女という生き物の進化に驚く。男はメイクもしなければ、学生は制服、サラリーマンは毎日スーツでネクタイ、力仕事なら作業服、と、ある程度着る服装も決まっている。(男に限ったことではないが)目に見えてわかるおしゃれは髪型くらいか。昔も今も男はあまり変わらないが女は確実に進化を遂げている。以下は女のお化粧列伝。

 

 

f:id:hamaren:20170623150131j:plain

画像:ガングロ - Wikipedia

f:id:hamaren:20170623150458j:plain

画像:化粧 - Wikipedia

f:id:hamaren:20170623151259j:plain

画像:styles - 昭和ロマン美容室 - Seesaa Wiki(ウィキ)

 

時系列はバラバラで申し訳ないが、女の美への執着と飽くなき探求心は男がかっこよくなりたいと思うレベルを遥かに超えている。明治大正昭和平成と男尊女卑の時代から男女平等へと変遷を遂げているなか、我々男は草食化が進み、一方で女の肉食化が表面化し、あれよあれよという間に男はボス猿としての地位を奪われ、亭主関白とは名ばかりのかかあ天下の軍門に下り、屈服し、今日も明日も冷めたみそ汁を啜るのである。

まとめ

最後に女のメイクの進化に敬意を表し、男もがんばっているんだぞとの自戒の念も込めてキャンディ・ミルキィーさんの写真を載せておく。男の底力はまだまだこれから、お父さんガンバレ、無職ガンバレ、おっさんガンバレ、みんなガンバレ。言いたいことはそれだけだ。

 

 

f:id:hamaren:20170623153240j:plain

画像:キャンディ・ミルキィ - Wikipedia