遊びまくる!

30代無職のカオスな日記

ブリッツの落雷位置標定システムで落雷を避けることができる

f:id:hamaren:20170628195933j:plain

日本初の落雷位置標定システムが無料で配信されている。世界中の豪雨やカミナリの発生している地点がわかるようになった。スマホでもパソコンでも見ることができる。例えば、出先でiPadを使って落雷の危険がないか確認しながら行動することもできる。

落雷位置標定システムとは

成田教授は、ドイツの大学教授らによる落雷位置標定ネットワーク構築プロジェクト「Blitzortung.org(ブリッツ)」の受信局を日本で初めて湘南工科大学に導入。

引用:日本初導入「落雷位置標定システム」を全国で運用開始 | ニュース&トピックス | 湘南工科大学

 

落雷位置標定システム(LLS)。LLS(Lightning Location System)とは。

落雷の位置や雷電流の大きさを、高精度でリアルタイムに観測できる、世界で唯一の落雷観測ネットワークシステムです。 複数の落雷観測センサーと、1台の中央処理装置から構成され、落雷時に発生する LF 帯の電磁波をセンサーが捕捉し中央装置に 伝送します。中央装置はセンサーから送られたデータを演算・解析し、リアルタイムに落雷位置を標定、同時に落雷の時刻、雷電流 の大きさ、雷電流の極性などを算出します。

引用:http://www.sankosha.co.jp/catalog/AD-14_1309_17.pdf

使い方

使い方は簡単。サイト(Real-Time Lightning Map :: LightningMaps.org)にアクセスすればいいだけ。グーグルマップのように操作すればよい。

 

f:id:hamaren:20170628201709j:plain

 

この画像はアメリカ、アイオワ州のキャプチャーだ。赤や黄色の部分が豪雨、落雷が発生している地点。こうしてリアルタイムで見ることができる。

落雷を避ける

日本にいて雷に打たれて死ぬことはほとんどないが、もしかしたらがある。運が悪かったでは済まされない。

 

雷に打たれる確率は、1/1,000万です。この確率はジャンボ宝くじの1等に当選する確率と同じになります。 

引用:雷に打たれる確率とは:落雷から自らの身を守る方法

 

宝くじに当選するか雷に当たるか。運命の分かれ道だ。気を付けたいのが宝くじ1等に当たり、喜び勇んで銀行に行く途中で、カミナリに当たる。これができれば大したものだ。伝説になること必至だろう。