遊びまくる!

30代無職のカオスな日記

職場の好きな人に何気なくLINEを聞く方法を考えてみた

f:id:hamaren:20170709225747j:plain

画像:無料素材としてフリー配布!SNS用フリーアイコン素材「中二病カノジョ」 | ホームページ制作の合同会社ジョイネット

好きな相手にそれとなく何気なくLINEを聞く方法はないかと考える。全世界の叡智を集める。肝心なのは相手にサラリと聞くことである。

直接聞くのはダメ

直接聞いてはダメなのだ。だから「ライン教えて?」や「連絡先教えて?」や「メール教えて?」はすべて無効となる。であるならば、「聞く」という行為を行わずして聞き出す方法を考えなくてはならない。まるで魔法のような、スリに近くもある方法。でも黙って盗み出してはならない。あくまでもさりげない聞き方の最善手は何かということになる。具体的にこれだと示せすことができれば簡単なのだが、恋愛から遠ざかっているぼくの脳みそでは、最良の解を導き出せそうにはない。

オーディエンス

自分一人の力ではどうしても限りがある。ならば、知り合いにでも聞けばいいのだが、その知り合いも恋愛マスターではないし、どちらかと言えば困っているグループに属しているので、聞いてもしょうがないと思われるのだ。

スマホを忘れてみる方法

例えば、今閃いたことなのだが、この方法はスマホを無くしてしまう危険性を孕む方法になるけれども試す価値があると考えられなくもないので一応書いておく。それは(職場それもデスクワーク限定)自分のスマホを気になる相手の机の上に忘れたフリをして置いておく、昼休みでも、残業終わりでも、そうして好きな相手がそのスマホを預かる「これ誰の?」などと言ってくれるのを待つ。そうしておいてから、名乗り出てスマホを返してもらう。それをきっかけにしてLINEを交換する。

仕事だから業務だから方法

違う。ちょっとヌルイ。きっかけは何であれ、結局最後には「LINE教えて?」とどちらかが言わなければならないことを考えると、相手から聞いてもらわなければ話にならない。では相手から聞かざるを得ない状況を作り出せば良いのだが、業務的な何かがなければ…。あっ。ならば仕事でLINEの交換が必要な形にすれば良いのではないだろうか。職場に何人いるかわからないが、10人くらいだったら、飲み会でも開くことにして、そのどさくさ紛れて交換してしまうやり方もないではない。うーん。これも余り特効薬にはならなそうな感じがする。

スマホを落としてみる方法

一番良いのは偶然に則ったやり方を探し出すことである。恋愛のスタートは偶然であればあるほど、その後の成功率は高くなるからだ。では具体的にどうすればいいか。少々荒っぽい方法を思いついた。それは相手の前で(話をしているときに)自分のスマホを地面に落とす。相手の方に向かって落とす。相手がスマホを拾ってくれる。それをきっかけにしてLINEを交換する。

エッチをした後に聞く

道程は任せるとして、エッチをした後に聞くというのはどうだろうか。飲み会の帰りに酔ったと言って無理やり送ってもらって、自分の家に連れ込んで、行為に及んだ後に、タバコを吹かしながら「LINE教えといてよ」と、上から目線で一言。(相手の顔に煙を吹きかけるのを忘れずに)これで相手はイチコロだ。相手がタバコを吹かす唇を塞いできてもう一回戦なんてことも?

理想を言えば、彼女の声がハスキーボイスであれば、なお良い。スナックのママのような感じといえばわかりやすいだろうか。

 

いろいろ書いてきたが、これといった方法が思いつかない。何かいい案があればいいのだが…。でもそれをぼくが知ったところで全く意味がないのだけどね。夏っていいね。恋の季節だね。