パンツを脱ぐ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊びまくる!

アラサーが会社を辞めて書くカオスな日記

東京で家賃3万円の家に住み、ブログで収入を稼ぐ生活をする男(予定)

f:id:hamaren:20161001013706j:plain

東京で家賃3万円の家とは、いったいどんな部屋なのか?

生活費をブログの広告収入で稼ぐ男とは、どんな男なのか?

はまれん35歳、ただいま東京のど真ん中、新宿に住む。

現在の家賃は、7万5000円。給料は、手取り二十数万円。

この家賃を払い続けるバカさ加減に、この歳でようやく気づき、まずは生活費の最大のコストである、家賃を半額にしてみたらどうだろうか?と考えた。

給料ももちろん0(ゼロ)になっちゃうけどね。

 

注:タイトルにあるように、まだ予定段階ですのであしからず。

東京都内で家賃3万円の物件とは?

そう、すでにお気づきの方もいらっしゃるでしょう。

東京で家賃3万円といえば、ものすごくボロい物件か?風呂無し共同便所か?

これから地震が来るってのにそんなとこ住むなんて、頭どうかしちゃったのか?

 

いえいえ、ご心配なく。

東京にもあるんです。ボロくなくて、便所もあって、風呂だってある物件が!!

しかもお家賃は、3万円也。

 

えっ 幽霊が出たりする事故物件なんじゃないかって??

バカいうんじゃない、そんな運気の悪そうなアパートに住めるわけないじゃないか。

だってブログ書くんだから、運気が上がる家に住んだ方がいいでしょ?

 

それでは、さっそく「東京」「家賃3万円」でお得意のエイブルで検索をかけてみる。

築年数は25年までに設定する。駅からバスで数十分とか辺鄙な場所の物件も平気で出てくる。

このように駅から遠いと広さ17m2以上あって、バストイレ付きもあったりします。

 

駅近だと、反対にものすごく狭い物件しかなく(15m2以下とか)結局どっちを取るかになってくる。

 

ぼくが妥協するのは、広さだ。狭くったっていい。荷物はそんなにないんだし。

いま住んでいるところは、結構広めの部屋だから初めは慣れないだろうけど、すぐに狭さにもなれるだろうからね。

 

 

まとめると、東京都内で家賃3万円ほどの物件は、駅近で部屋が狭い物件がおすすめだってこと、比較的、築年数が浅く、風呂とトイレがある物件は、そのぶん狭くなるということなんだね。

生活費はブログで稼ぐ!(願望)

これが一番のキーになってくる。

収入源がないと生活が立ちいかなくなってしまうから、まずは月5万~10万円くらいはコンスタントに稼げないと厳しい。

初めはブログの収益だけじゃ赤字だろうから、足りない生活費は週に2~3日はバイトして社会との関りを持ちながら、月に5万円を稼ぐ。

 

大まかに計算すると。

 

収入が

ブログで5万

バイトで5万

計10万

 

支出が

家賃が3万

光熱費(携帯、ネット)が2万

食費が4万

計9万

 

差し引き1万円余る計算になる。

あとはブログとバイトで稼ぐ割合をいかに増やせるかで、勝負が決まる。

 

 

しっかし収入が10万だと、かなり厳しい生活になりそうで怖いなー

せめてあと5万プラスして、15万は最低でも稼がないと、充実した生活とはいかないのかもしれんないな。

 

それと心配なのが彼女ができたり、結婚することが遠のきそうなこと。

すべてを手に入れるのは難しいのですね、ぼちぼち行くしかないかー