遊びまくる!

無職ブロガーのカオスな日記

クローブでゴキブリ駆除ができるか実験してみました。

f:id:hamaren:20170610163853j:plain

今年もゴキブリの季節がやってきた。ぼくはゴキブリが嫌いだ。嫌いなら寄せ付けなければいい。大人の夏の自由研究と題して実験してみよう。香辛料のクローブがゴキブリに効くとの情報を得て、すぐに家のゴキブリが通りそうな場所に設置してみた。これで今年の夏、ぼくの部屋にゴキブリが1匹も出なくなるかどうか実験してみる。

クローブとは

クローブとは何か。

フトモモ科の植物チョウジノキの開花前の花蕾を乾燥させた香辛料の名。原産地はインドネシアのモルッカ群島。日本では漢名に従って丁子、丁字(ちょうじ)、丁香(ちょうこう)とも呼ばれる。クローブの花蕾は釘に似た形をしているため、中国では「釘」と同義の「丁」の字を使って「丁香」、「丁子」の名があてられ、フランス語では釘を意味する Clou と呼ばれ、英語の Clove もこれを語源とする。非常に強い香気を持っているので、百里香という別名もある。

 クローブ - Wikipedia

 スーパーのブラックペッパーやシナモン、ローリエが売っているコーナーにある。値段は220円くらい。安い。これで本当にゴキブリが駆除できるなら最高である。匂いはアロマ系の草を丸めたような匂いだが、強い匂いではないので問題ないと思う。

ゴキブリ対策

ぼくは以前、ゴキブリ対策にブラックキャップを使っていた。↓

f:id:hamaren:20170610165825j:plain

 

これはこれで効果があった。唯一の欠点はゴキブリの死骸が出てきてしまう点だ。あと匂いが臭い。設置してしばらくは生ごみのような匂いが部屋に充満する。ゴキブリには良い匂いでも人間には不快な匂いでしかない。ゴキブリ自体をおびき寄せてしまうので、部屋でゴキブリを見てしまう可能性もある。

クローブを使ったゴキブリ駆除のやり方

f:id:hamaren:20170610170550j:plain

 

まず100均(ダイソー)で買ってきたお茶パックにクローブを10粒ずつ小分けしていく。

 

f:id:hamaren:20170610170804j:plain

 

全部で9袋作れた。もっと正確に10粒ずつに分ければ15袋くらいは作れると思う。ぼくは血液型がO型なのでそのあたりは大体でやっている。A型の人はピンセットで一個ずつ丁寧に作業してもらえばいい。B型とAB型の人はよく知らない。そうして出来上がったクローブ袋を持ってゴキブリが好きそうな場所に置くだけだ。

 

f:id:hamaren:20170610171400j:plain

ブラックキャップ|家庭用殺虫剤|アース製薬株式会社

 

ぼくはまず流しの下に設置してみた。

 

f:id:hamaren:20170610171522j:plain

 

あとは冷蔵庫の周辺と玄関付近にばらまいた。これで完了である。どのくらいの期間効果があるのか知らないが、せめてひと夏持ってくれればいいと思う。

ゴキブリついでにいうと、女性はゴキブリのことを愛称G(ジー)と呼ぶことがよくある。ゴキブリの言葉の発音が気持ち悪さを醸し出しているのだ。ぼくも女性からジーと呼ばれないようにしたいのだが、いずれはジーと呼ばれるようになるのだろう。ジージ、じーじ、じーじ。孫にいつかそう呼ばれる日が来ると信じている。まだ結婚すらしていないけど。

6/22追記

暑くなってきて、不安だったからもう一本クローブ(250円)を追加した。部屋中がクローブ臭で満たされたけど、次の日には匂いも気にならなくなった。これから本格的な夏、はたしてどうなるか。