遊びまくる!

無職ブロガーのカオスな日記

「誰にも言わないで」っていう内緒話なら、そもそも人に話さない方がいいんじゃないの?

f:id:hamaren:20160919002924p:plain

学校や職場でよくある噂話や内緒話、みなさんも一度は耳にしたことはありませんか?

「誰にも言わないで」これほど聞きたくない嫌な話もないですよね。

なぜ聞きたくないかっていうと、この手の無責任な内緒話をされて、もし他の人に伝わってしまったら、全責任はその話を最初に聞いた人ってことになるし、「誰にも言わないで」と言ったのに、言いふらされてしまったと思われて裏切り者の烙印を押されるからです。

 

田中角栄の「貸した金は忘れろ」ではありませんが、貸した金は返ってこないものと思って貸しなさいということなんですね。

だから、「誰にも言わないで」ではなくて、他人に言ったことは誰に言われても構わない心構えでもって話せってことです。

聞いた話を誰かに話したいという欲求

ことわざにもあるように、人間とは話す生き物ですから、その生物に対して話すなとは誰も言えないわけなんです。

 

だからもし内緒話をして、次の日にはその噂が学校や職場中に知れ渡っていたとしても、その内緒話をした人を決して責めないでください。

もしかしたら、その話を他の第三者が盗み聞きしていて話が広まってしまったといったドラマにあるような誤解もあるかもしれませんので早合点は禁物です。

 

仮にしゃべらないでと言った人がしゃべってしまったとしたら、もう今までのようにその人とは仲良くはなれないかもしれないけど、その人は悪いことをしたんではなく、人間として生物として聞いた話を誰かに話したいという欲求に従がっただけなんだという風に思ってあげてください。

炎上しない記事の書き方から学ぶこと

ブログやネットの世界もリアルな世界と同じで匿名性がある場合には、発言が過激になったりしがちで、たまに炎上したりするようです。

 

ぼくがブログの勉強をしていて、どういったことを書くと炎上しやすいかとか、どういった記事や発言をしていった方が良いのか?というネットの基礎知識のようなものがあったんですが、その中でも「自分の玄関にその発言を貼れるか?」ということを基準にして言葉を選べば良い(炎上しない記事の書き方)というものがありました。

 

これと全く同じで自分の言ったことに責任を持てとまでは言いませんが、言いふらされて困らないことだけを他人には話した方がいいってこではないでしょうか。

家族や身内には気を許してもいいかもしれませんが、芸能人なら別れた後に暴露本を出される可能性もあるので、迂闊な行動は避けたいものです。

 

 

えっ

芸能人じゃないだって?

 

・・・

 

芸能人でない方は、存分に言いたいことを言ってやってください。

(他人の悪口は極力言わないに越したことはありませんが)

 

 

人の口に戸は立てられぬのことわざが昔からあるように、今も昔も人間は変わっていないということなんでしょうね。