遊びまくる!

アラサー無職のカオスな日記

ブログの多更新に挑戦するという安易な選択をする

f:id:hamaren:20170501160026j:plain

仕事を辞めてからの行動計画を考えている。考えても答えは出ず。途方に暮れる。しかし後戻りはできない。ので、前進あるのみ。だるくても行動あるのみ。

働きたくはない

働きたくないのだけど、働かないとお金が無くなって死ぬ。だから働くわけなんだけど、今のところやりたいこともない。そうなると、まず当分のあいだ暇になる。暇になるとコミュニケーションを取りたくなってくる。飲み友達のM井さんは彼女と復縁したらしく、忙しいから相手にしてもらえない。他に話したい人は1人いるが彼も忙しいと思う。よって消去法により、ブログでも書くか―となる。書いたからと言ってコミュニケーション欲求が満たされるわけではないけど、どこかと繋がっているという感覚は持てる。一番避けなければならない孤立からは多少離れることができる。暗い部屋で一人。「自分はなんてダメなんだー」となって首を吊ってはいけない。早まるな!そこの君!

多更新に挑戦か

でもただ書いていてもつまらないから何か目標みたいなものがあると頑張れると思う。例えば一日に3記事書くとかはできそうな気がする。だって時間が有り余っているんだから。5記事になると大変かもしれない。やったことないけど。ネタさえあれば書くことはそんなに苦でもないとは思う。今まで仕事で一日10時間以上拘束されていた(移動時間も含めると12時間)ことを考えれば、単純に一日10時間(中1時間休憩)を取ったとしてもパソコンの前で書き続ければ3記事くらいは簡単に書けるだろう。こうなると働きたくないといいながら大いに働いているわけだけど、会社のためにしたくない業務をしているのと、自分の意思で自分の業務をしているのとでは雲泥の差だ。やり方はできるだけ分かりやすいシンプルな方がいい。ぼくは飽き性なので、一つのテーマを何千字も書くことができない。書くことができるのはせいぜい千~千五百文字。質より量派だ。食に関してもぼくは質より量なんだ。コスパ男子だze。

手数は多い方が良い

なんにせよ。いっぱい書いているうちに何か見つかるのが理想。自分探し。偶然に。偶然は必然。ラブストーリーは突然に。By小田和正。当たって砕けろ!100人女性がいれば1人くらいは好意をもってくれる人もいると思う。言いたいことはそういうこと。いろいろ試していけば当たりも外れもある。お金が尽きればそれまでだけど、お金がなくなったらバイトをするよ。ぼくは今の家賃や生活費で考えると月に15万あれば生活には困らない。だからその辺を狙って週3日働くくらいがちょうどいいんだけど、そんなちょうどいい仕事もないだろうから、まーなんとかなると前向きにやってみるよ。明日はどっちだ。