遊びまくる!

無職ブロガーのカオスな日記

爆買い離れ!中国人の訪日人数は増加も爆買いは失速、原因は人民元の円高と関税

f:id:hamaren:20160919171316j:plain

中国人の爆買い離れ!!原因は以下の2つ。

日本から中国に持ち込む際にかかる関税30%から60%へ引き上げ

1人民元あたりの円高水準20円から15円へ

この2つの理由により、訪日中国人1人当たりの支出額が6万5千円ほど下がっているようです。

中国人の訪日人数は30万人増

中国人による爆買いは失速しているが、中国人の訪日人数は30万人増となっていて、旅行客は増えているようだ。

日本にとって旅行客が増えることは素直に歓迎することだと思う。

尖閣の領土問題や中国漁船問題などの衝突もあるけど、やっぱり仲が良いのが一番なので平和的解決を祈る次第です。

 

2020年の東京オリンピックに向けて、これからもどんどん旅行客が日本に押し寄せてくることを考えると、ぼくも民泊などやってみたくなるね。

それと新宿歌舞伎町には、相変わらず中国や韓国や台湾系の呼び込みのおばちゃんが多い気がする、よる歌舞伎町を1人で歩いているとやたらと声をかけてくるので、どうにかしてほしんだが、どうにかならんかね。オリンピックに向けてそういった方々も一掃されるのかな?

爆買い失速の原因は円高と関税

ぼくの住む新宿は、少し前まで爆買いの中国人であふれ返っていた。それがいま新大久保へ行くと中国人向けのショップには、今や閑古鳥が鳴いているお店もちらほら見かける。

 

関税30%から60%へ引き上げについては、中国政府が中国国内で消費してもらうために行った強行策。

参照:「爆買い」に赤信号? 中国が関税引き上げの強行策

 

円高については、同じ値段のブランド品などを買った場合に、より多くのお金が必要になってくるというもの。

去年まではこの値段で買えていたのに、今年高くなっていれば購買意欲も薄れてきますからね。

でもこのまま人民元の円高が進むと、さすがに中国人も訪日しなくなってしまう可能性も考えられるので、円高が早めに解消することが日本にとって、訪日中国人にとっても良いことではないかと思います。

爆買いの次は日本の不動産投資

中国人の爆買いの次の狙いは、日本の不動産投資です。

2020年の東京オリンピックを見込んで、不動産価値が上がると見込んでいる人が多いことが理由になっています。

他にも民泊ビジネスの為に購入するパターンもあります。

それに中国から資金を海外に逃がしておきたい気持ちがあるのかもしれません。

中国バブル崩壊か!?

これはすでに数年前から言われていることですが、日本の不動産投資は増加していて、訪日中国人の数も同じく増加しているので当分心配はなさそうです。

それよりも中国人が炊飯器を3つも4つも買うのではなく、本当に必要なものを吟味して買う方向になっていますね。

 

しかし近い将来、中国の経済が冷え込む日が来ると思われますから、くれぐれも中国人の方々には無駄使いに注意してもらいたいですね。日本の二の舞のならないためにも。

 

書籍:「爆買い」後、彼らはどこに向かうのか?―中国人のホンネ、日本人のとまどい