遊びまくる!

アラサー無職のカオスな日記

ぼったくりに注意!!「客引きはカスだ!」歌舞伎町が過激に!!

f:id:hamaren:20161121175655j:plain

「新宿歌舞伎町の客引きはカスだ!!200%ぼったくりだ!」そんな過激なアナウンスが30分おきに流れる深夜の歓楽街。そんな歌舞伎町の近くに住む、はまれんです。こんばんは

本当に客引きはカスなのか?

はい。「200%ぼったくりです」そんなアナウンスも流れているんです。過激~

 

新宿っぽくて、いいアナウンスだなと思うんですが、ちょっとやだな~って思う人もいますよね。ぼくも本当はそんな嫌なアナウンスなんて聞きたくないんですが、この過激なアナウンスを流す前に流れていたアナウンスがあるんです。

 

それは「客引きには絶対について行かないでください!100%ぼったくりです!」そんなアナウンスだったんです。

 

でもそんな普通のアナウンスでは、一向にぼったくられる客は減りませんでした。

 

だから、そんなふつーではなくて、異常なものでないとみんな聞いてくれないから、しょうがなく人間を罵倒するようなアナウンスになってしまったんだと思います。

なぜぼったくりに合うのか?

ぼくは客引きには絶対について行きませんが、どうもついて行ってしまう人がいるんですよね。夜、歌舞伎町をぶらぶらしていると、数名の酔っ払いや若い団体の人たちが客引きについて行っている光景を見かけます。

 

ぼくはやめといた方がいいのになーと思いながらも、何もできないことに無力感を感じます。

 

深夜の歌舞伎町の交番前には、ぼったくりにあったとみられる男性たちと、スーツ姿の店の従業員が警官を挟んで言い合いをしている光景は、もはや毎夜の恒例行事と化していたんです。最近までは

f:id:hamaren:20161121182715j:plain

実際にぼったくられた話

実はぼくも過去にぼったくられたことが2度もあるから、そう思うんですよね。

1度目は、かなり前になりますが10年ほど前、当時たけのこ剥ぎというぼったくりが流行っていました。そのたけのこはぎに合ってしまったんです。

 

タケノコ剥ぎとは

性風俗のぼったくりの手口で、基本料金は安いが、服一枚脱ぐなど細かな行為に追加料金が発生して結局大きな出費を強いられるというもの。

参照:たけのこ剥ぎとは - 日本語表現辞典 Weblio辞書

 

 

2度目は居酒屋でプチぼったくりに合いました。詳細は深夜の歌舞伎町、階段からの転落事故や居酒屋ぼったくり体験談

 この居酒屋プチぼったくりは1年前くらいに流行っていましたね。ニュースにもなりましたし、ぼくがぼったくられた新宿の地下のお店はそのあとすぐに閉店していました。

なぜ客引きがなくならないのか?

客引きがなくならない理由は、需要と供給があっているからなんです。とくに客引きをする人の給料が高いことが、捕まるリスクがあってもやりたい人が後を絶たない原因にもつながっています。(以前の職場の関係で知り合った新宿の客引きの人に聞きました)

 

ぼくにもそんな仕事の話がなかったわけではないんですが、やめておきました。だって雨の日も風の日も外に立ち尽くして、捕まるリスクもあるなんて、給料高くてもやりたくないですよ。

 

ほんと客引きはやめたほうがいいです。

 

言われなくてもやらないですよね。

 

みんなお願いだからぼったくりは、やめちくり~