遊びまくる!

無職ブロガーのカオスな日記

夏の参議院選挙 in 35th 初めての選挙に行ってきました!

f:id:hamaren:20160711011124j:plain

f:id:hamaren:20160711011145j:plain

近所の投票所に投票に行ってきました!

みなさんは行きましたか?

行った人 53.5%くらいでしょうか?

仕事で忙しくてそれどころじゃない人も多かった思います。

以前のぼくがそうでした。

 

今年こそ選挙に行かなきゃいけないと思った2016年の夏でした。

ぼくは、選挙に行ったことがありません。

この方35年間。

非国民だ!といわれても、しかたありません。

 

興味がなかったわけではありませんが、ぼくの一票なんていれても意味がない、そう思っていました。

選挙に行く理由

その考え方が変わったのは、なぜか?

理由は、2つあります。

 

理由1

選挙の日の仕事が休みだったこと。週休2日だったから、精神的に少し余裕があったこと

 

理由2

若い世代が選挙に行かないと、政治家が若い人を優遇した政策をしてくれないから

 

以上です。

 

理由1は、そのまんまそうです。

仕事でいっぱいいっぱいだと、選挙なんていっている場合じゃないという考えになりがちです。

ぼくがそうでした。

 

そんなぼくが選挙に行ってきたのです!

35歳は若い世代です!

おじさんなんて言わせません!

心は、永遠の小学生です!

見た目はおじさん、頭脳は子供。

その名も!

 

 

f:id:hamaren:20160711013656j:plain 選挙に行くのは、当たり前だろ!!

 

仰る通りです。

 

 選挙はすべてに優先するのです。

 

若い世代が選挙に行くことによって、若い人を優遇する政策が話し合われて、若い人が暮らしやすい社会が実現するんです。

 

「government of the people、by the people、for the people」

もとーい!今なら「若い人の、若い人による、若い人の為の政治」

 

リンカーンのこの言葉は、解釈が誤っているという意見があります。

「人民を『対象』として統治する政府」という意味だという。

中国ではこれは「民有、民治、民享的政府」という意味だという。

 

詳しく知りたい方は以下

「人民の、人民による、人民のための政府」は誤訳?(1/2) - 英語 | 【OKWAVE】

 

実際に投票してみて思ったのは、意外といい気分になったこと。

自分が良いことをしているといった実感があった。

生きている実感。

必要とされている実感。

 

実感

実感

実感

 

f:id:hamaren:20160711015310j:plain 誰かに必要とされるって、うれしいい

 

誰かって誰に??

 

細かいことはおいといて、なんかよかったよ。

投票所の静かな空間が。

まず始めに家に送られてきた紙渡すと、名前を呼ばれるんだけど、なんかドキッとしたね。

 

恋じゃないドキッって、びっくりするような、うれしいようなそんな感覚。

 

それと選挙について言っておきたいことがある。

早くWEBで投票できるようにならんかいや。

いずれそうなって行くんだろうから、早くそうなって欲しい。

いろいろとセキュリテイの問題はあるんだろうけどね。