遊びまくる!

無職ブロガーのカオスな日記

炎上被害者は社会全体を敵に回しているように見えて、実際はそうでないという事実

f:id:hamaren:20160716192030p:plain

炎上は、こわい。

本当に怖いのかという議論がネット上にある。

ぼくは炎上したことがないので蚊帳の外だけど、気になる記事を見つけたので記しておく

 

【社会】 舛添前都知事、ベッキー… 失敗を許容できないニッポンの病理

によれば、炎上させているのは、ごく1部の人間だということだ。

 

結局その人たちは、個人情報を晒して社会的制裁を加えて喜んでいるのだろう。

 

プライバシーを晒されても何の問題もない、ぼくのような人間にとっては、そもそも問題ではないが、誹謗中傷されるのことは精神的なダメージになると思う。

 

だれでも自分の悪口を聞くのは耳が痛い。

 

でもネットの中だけの問題で、現実社会には何の問題もない。

会社をクビになるわけでもなければ、家を引っ越さなければならないわけでもない。

 

ぼくは、家や職場に来られても特段、困ることはないし、たとえ会社をクビになっても問題はない。

もちろん、暴力行為やその他の犯罪は困りものだけどね。

1度の失敗が命取りになるような日本社会

そんな炎上なんて取るに足らないことを考えることより、記事には失敗できない日本の病理というタイトルにあるように、1度の失敗が命取りになるような日本社会が問題だと思う。

 

とくに学生は将来があるため、一度、炎上して個人情報がネットに出回ると、将来に響いてしまう恐れがあるから、注意が必要なのはとてもよくわかる。

 

自分の若いときを想像すると、確実にツイッターで炎上してしまうような画像をアップしていただろうと思う。

 

とくにお酒を飲むのが大好きなぼくは、これからも気を付けなくてはいけないと肝に銘じる思いだ。

 

以下は、リンク先から引用

自立するって何か。一つは起業かもしれない。むろんスタートアップの多くは失敗する。
なら、何もしないのが一番安全かと聞かれれば、「違う」(並木さん)。
ある若者が大手メーカーを退社し、ベンチャーを立ち上げ、新型のスマートフォンをつくったとする。結果は惨敗。
「でも、挑戦をした事実は、誰かが評価する。次はある」

 思うに失敗などして当たり前だし、それを次にいかせばいいだけのことだ。

問題は、失敗を恐れてなにもしないことだろう。

なぜ日本社会はエンビーがたまりやすいのか。

エンビ―とは、ひがみのこと。

初めて聞く言葉に若干戸惑ったが、記事ではエンビ―を流行らせたいのか、ことさら多用している。

 

僻みは、誰にでもある感情だからそれを表に出さずに抑えることは難しい。

そのでもそのエンビ―によって相手を誹謗中傷してしまうカラクリがわかってしまえば、悪口をいう相手に対しても、この人は僻んでいるんな~と思えばいい。

 

リアルな人間関係にだって、そのいった僻みはよくあることだ。

 

ぼくも僻んだことはいくらでもある。

毎日、僻みっぱなしだ。

 

もとい、

ぼくもエンビ―なことはいくらでもある。

毎日、エンビ―しっぱなしだ。

 

エンビ―エンビ―

エンビ―エンビ―エンビ―

 

エンビ―最高!!

 

以上、エンビ―はまれんでした!