大人のブログ祭り

カオスな日記

貧困生活がガマンできない

f:id:hamaren:20180321211103j:plain

さんざん固定給の話を部長から聞かされたけど、蓋を開けて見れば「固定給じゃなしに、時給1000円のままで」という話に落ち着いた。現状維持。って、そんな呑気なことをやっている場合じゃない。現状は火の車であって、安泰ではない。とにかく金がないのだ。

貧困生活がガマンできない

私はこれ以上、この貧困生活が我慢できない。でも、バイトを辞めて同じように時給1000円~の仕事をしても同じこと。ならば、お金をかけず生活費を稼ぐことに注力しよう。 そう思った。考えた。行動した。どうなった?これがまた、ウンともスンともいかない。世の中は甘くない。甘いのは私の小便くらいだ。そういえば、最近、私のおしっこがやけに泡立つことは気になる。もしかしたら糖尿病かもしれない。アルコールの飲み過ぎと、運動不足と、セックス依存症により、糖尿を発症させてしまったのかも。ついに私も年貢の納め時か。そうなれば、固定給とかもうどうでもいい話。時給1000円もどうでもいい話。どうせ働いても暮らしは楽にはならないのだから。働けど働けど、家賃と食費に消えていく。一向に貯まらない貯金。頼む!時給を1500円にしてくれ!じゃないと、私は、私は、真綿で首を締めつけられるような貧困地獄から、ワーキングプア、もしくは焦らされて焦らされて悶え苦しむ寸止め地獄から、抜け出せないじゃないか!お願いします!イカせてください!そんな私は世の中からサディスティックなプレイをかまされているんだ。そうだ、きっとそうに違いない。若いときから、生活費という鞭で叩かれ、馬車馬のように働き、腰を痛め、歳を取り、お給料は死なない程度。鬼!悪魔!と、誰かを罵倒したところで、私には1円も入ってこない。ブログを書いても100円ぽっち。お金がないし、顔も良くないから愛する人もできない、一人ぼっち。もう私にはお酒だけが恋人さっ。と、一人寂しく飲む焼酎。水割りをください涙の数だけ。

 

酒を飲んでも寂しさは消せない。分かっちゃいるけど、孤独な夜が怖い。とりあえずはゲーム動画と愚痴聞きサイトを弄って気を紛らわそう。

 

酒と薬を交互に飲みながら、飲んでも飲んでも酔わない酒をガソリン代わりにして、寂しさをバネに、ストレスを精子に変えて、部屋の電気を消し、このまま私の存在ごと消えてしまわないかと。そんな暗いことを考えたりもする。

 

冷たく湿った布団に入って、何気に股間に手をやると、元気なちん毛が伸び放題の荒れ放題。もうこんなに伸びたんだ。早いなー、ちん毛が伸びるのって。何で下の毛って伸びるのが早いんだろう?しょうがない…、私ももっと頑張らないと。貧困に負けちゃダメだ。ちん毛に負けてたまるか!