大人のブログ祭り

カオスな日記

私がアルバイトしているお店に警察が来て即日営業停止になった

f:id:hamaren:20180303222030j:plain

どうやら私の不運はまだまだ継続中のようだ。先日、私が勤めるお店に警察が来た。何人も連れ立って来た。先陣を切る図体の大きな刑事?らしきオッサンが警察手帳を出して来た。私はその時、お店のフロント付近にいたので、一番始めに顔を合わせたことになる。

私がアルバイトしているお店に警察が来て即日営業停止になった

営業停止になったのは私のせいではない。しかし、私の不運がそうさせたのであれば、謝りたい。今日は営業停止になり、継続して営業することが不可能になったらしく、夜逃げ同然の撤収作業を完遂した。私がこの店に配属されたばかりの出来事で、明日から別の他店での勤務となる。上手く説明できないけど、そういうことだ。私のバイトのシフトが減らされるのも時間の問題。そう思った私は部長に申し出た。「もし、シフトが減るのであれば、生活に支障をきたす恐れがあるので、一旦、辞めても大丈夫ですよ。ここの店舗がなくなれば、従業員も余るようですし」しかし、部長の答えはNO。後は話がうやむやになった。どうやら私の極貧生活はまだまだ続くようだ。

 

さて、話を戻そう。警察官、数名7~8人?が、怒涛の如きスピードで店になだれ込み、私はその場に立ち尽くした。ビデオカメラを持参している警察官がいた。私は聞き耳を立てる。どうやらビデオカメラを持った警察官がしくじったようだ。ビデオカメラをまわせないと言っていた。理由はSDカードをビデオカメラにセットするのを忘れたらしい。手振りと口振りでそう言っているのが聞えてきた。残念そうな顔をしていた。そうこうしているうちに、私は目の前にいるその3名の警察官たちに向かって「警察24時みたいですね」と、つい言ってしまった。瞬間、警官に鼻で笑われたのを今でもはっきりと思い出せる。マスクをつけた若い警官だった(目がゴミでも見るように私のことを見ていた)。それから私のこの発言がきっかけとなり、事件は更に進んでいくことになった(良くない方向に)。最後は無事、逮捕されるわけでもなく、お店が営業できなくなり、引っ越し作業に追われることになる。

 

さて、明日はどうなるのか。一応、別のお店でアルバイトできるようなので、収入は大丈夫だとは思う。思うといっても勤務時間を大幅に削られたりしたので、ギリギリの額しかもらえないけど。