大人のブログ祭り

カオスな日記

再び無職になる

f:id:hamaren:20180120205225j:plain

今日、2日間だけ勤めた会社に辞めると電話を入れた。今日はブログを書くつもりはなかった。精神状態がよろしくないからだ。でもやっぱり毎日ずっと書いてきたことは完全に習慣(生活の一部)になっているようだ。書かないと落ち着かない。それはそうと、一晩寝て仕事を辞めたら、少しだけ気分が良くなった。無職のランナーズハイというべきか。ただ現状は何も変わっていない。今日もネットで職探しをしていたけど、なかなかねー。

再び無職になる

また仕事を辞めた。ここまで来るともう慣れたもの。今日も求人サイトのインディードとanを見ていたけど、いい仕事はなかった。無いなら自分で作ればいいと考えたりして現実逃避した。新宿でブロガーBARをやりたいなーとか。そもそも一銭も種銭が無いから無理なんで、これも現実逃避だ。ぽーんと1000万円くらい景気よく親が出してくれたらと考えたりもした。しかしその夢もあきらめるしかない。私の親は片親で団地住まい。生活保護費以下で暮らしている極貧状態。オレオレ詐欺泣かせの実家だ。頑張って1万円を貸してくれるのが関の山。1万円では店は開けない。弟も日々の生活に追われ、ひーこらひーこら言っている。妹は結婚してお金はあるはずだが、妹に金を無心するようになったら、兄として、いや、人として終わりだろう。実家が資産家だったら、と、また妄想をしてみたりもした。

 

しかし私にそんなことを考えている時間(余裕)はない。今月、来月の家賃を捻出しなければならないのだ。アレが嫌だのと、わがままも言ってられない。とは言え、月曜日までに連絡すると言ってくれた会社が1社ある(ここが最後の望み)。まあ、面接の日取りを決めるまで、3日以上待たせられているのだから、連絡すらこない可能性が高い。この会社は家から近く、給料も20万円で正社員なのでぜひとも希望したい。明日、連絡なければ、終了となるが…。

 

話は変わるけど、今日ブログを書こうとして私と同じような無職ブログを見つけてしまった。類は友を呼ぶとはこのことだろう。悩んでいるのは私だけではない。なんだか少し勇気付けられたブログだった。

 

matome.naver.jp

www.hi-omiya.com

 

2つは同じ人が書いていると思われる。無職の傷のなめ合いでは、しょーもないけど。少し読んでしまった。私は鬱病ではなく、腰痛の方なので仕事を選ぶ。それとただ金がないだけ。金欠病なのだ!万年金欠病なのだ!止めよう。ここでそんなことを叫んだとしても、意味などない。とにかく金を稼がなくては。新宿ゴールデン街にブロガーバーを開店するまでは。