遊びまくる!

30代無職のカオスな日記

大卒ブロガーには負けない

f:id:hamaren:20171025022743j:plain

逃げたらあかん。泣いたらあかん。負けたらあかん。学歴なんかに負けたら、負けたら、悲しいじゃない。せっかく生きているんだから。でもブログに勝ち負けはないけど、稼げるか稼げないかの線引きは歴然とある。

私の学歴

私が浜田である。地元の不良工業高校を10ヵ月で中退し、通信高校に通い、卒業したのは23歳。通信高校では勉強らしい勉強はしていない。ただレポートと呼ばれる宿題をこなしただけだ。学歴高卒。ちゃんちゃらおかしい。

 

私は山梨の通信高校生時代、東京都立川市のピンサロで社員として働いていた。毎日、汗と精子で汚れたシートを汚いおしぼりで掃除していた。ピンサロ嬢は優しかったが、性格のきつい女もいた。私はこの時代に酒と泪と男と女を学んだ。

「自殺について」ショーペンハウエル著

わたしが一匹の蝿をたたき伏せたとしても、今、わたしが打ち殺したものは、物自体ではなくて、単に、それの現象に過ぎないということは、けだし、明白である。

引用:自殺について(23ページより)

 

死とは何か?死とはただ蝿が一匹死ぬことと相違ないのだ。人の命も同様にだ。

大卒には負けない

私には酷い学歴コンプレックスがある。低学歴なくせに本好きなのでメンドクサイ性格をしている。安いウィスキーを飲みながら、ブログを書きながら、物思いに耽る。この日本は大卒が主導権を握っている。高卒では官僚にはなれない。高卒以下は毎日、奴隷のように歯車を回すだけ。あぶれたヤツはグレて事件を起こす。私は大卒には負けたくない。しかし結果的に負けているのだ。完敗に乾杯。

大卒ブロガーには絶対に負けない

大金を稼ぐプロブロガーは大卒しかいない。文章など誰でも書けるのに。勝つためには一人ずつ息の根を止めていくしかない。という反逆精神に辿りついてしまうのも高卒ゆえか。大卒ってすごいね!と開き直る手もある。だが、忘れてはいけないのは、たった一人のブロガー、いや、個人にいったい何ができるのか。能動できるのか。人は一人では無力だ。実に無力だ。大学では何を学んでいるのか。私にはそれすら推し量る術はない。

まとめ

負けないと言いながら自殺についての本を読むのは矛盾している。それは負けることを予感しているようにも見える。勝負とは面白いもので、実力の強い者ばかりが勝つものではない。高卒が大卒にすべての面で負けるわけではない。どこか必ず突破口があるはずだ。

 

ブログは一人ではできない。ブログの成功とは人が力を合わせなければ達成し得ないものだと、今さら、痛感している。ブログは、心休まり、動かされ、感動し、慰められ、怒り、悲しみ、笑う。そんな世界だ。

 

狭い部屋のなかを蝿が一匹、ブーンと、飛び回る。誰かすぐに叩き潰してくれ。いや、ちょっと待て、殺さない方がいい。文を文をと、蝿が言う。文を書け!、蝿は確かにそういった。ブーンブーンといった。