遊びまくる!

30代無職のカオスな日記

日本に輸入された中国の危険な食品衛生違反がひどい

f:id:hamaren:20171019171805j:plain

データ元:違反事例 |厚生労働省

上のグラフは、厚生労働省のよる輸入時検査等において食品衛生法違反となった事例(平成28年4月~平成29年3月)の数をランキングにしてみたものだ。

 

日本に輸入された食品の中で、危険食品の輸入先、第一位は中国だった。続いてアメリカ、ベトナム、タイ、イタリアの五カ国。以下は平成27年度の輸入食品数、総量3,190万トン。日本の食料自給率は4割。他の6割は輸入食品に頼っている計算だ。

 

平成 27 年度に販売又は営業の目的で我が国に輸入された食品、添加物、器具、容器包装及びおもちゃ(以下「食品等」という。)は、輸入届出件数が約 226 万件、輸入重量が約 3,190 万トンであった。また、農林水産省の食料需給表によると、我が国の食料自給率(供給熱量ベースの総合食料自給率)は約4割であり、供給熱量ベースで約6割を国外に依存する状況となっている。

平成 29 年度輸入食品監視指導計画

危険すぎる中国輸入食品

bunshun.jp

 

週刊文春の記者が中国四川省で見た危険な食品群。記事を読んでみると、相当劣悪な衛生環境で食品が作られていることがわかる。これを見たら便所に駆け込み、昼間食べた高菜チャーハンをバーストしてしまっても、、私に責任はない。

中国の食品衛生法違反理由

f:id:hamaren:20171019174511j:plain

データ元:違反事例 |厚生労働省

この図は危険食品衛生違反の理由だ。すべてを羅列するのは量が多すぎて無理があったので、中国の違反原因の一部を抜き出した。

 

洗浄不十分、衛生管理不徹底など。最後の「隣の畑から農薬ドリフトにより汚染されたと推定」には参った。農薬ドリフトって。

輸入の食品は買わない方が良い

一番いいのは中国に限らず、輸入食品を買わないことだ。しかし一部の富裕層ならいざ知らず、庶民は国産食品のみで生活するのは実質不可能だ。毎日、野菜炒め(キャベツ多めもやし多め)では、うんざりする。たまにはと、ついついジャンクフードを口にしてしまう。そんな自堕落な食生活を繰り返していると、ちょっとしたことで怒りっぽくなったり、キレやすくなってしまう。食とは人類の肉体と精神に直結しているのだ。最近キレやすい老人や社会人が多いのも食べ物が原因ではないのか。

 

パワハラや弱い者いじめをする会社の上司や学校の教師がいたら、聖書を読ませるよりも、辛口のシャンペンを飲ませた方がいい。舌を刺す強烈な刺激で、涙を流させることができるからだ。

まとめ

東京には業務スーパーという人気スーパーがある。そのほとんどが輸入された商品を置いている。私は国産物しか買わないようにしているが、安さだけを求めれば、つい手が伸びてしまうだろう。レストランなどのお店を経営していれば、コスト削減の力学に負け、高い国産物よりも安い輸入食品に頼ってしまうことは十分に考えられる。気を付けなければいけない。自分の身は自分で守るのだ。間違っても銃を相手に渡してはいけない。