遊びまくる!

30代無職のカオスな日記

ダイエットを成功させるコツはこんなに簡単だった!

f:id:hamaren:20171004212832j:plain

現代は飽食の時代。外食中心では太らない方がおかしい。中年になれば腹は自然と出てくる。引っ込めたいな。ダイエットしなきゃ。でもどうやってすればいいの?今日はそんな困ったチャンのあなたの疑問にお答えしよう。

ダイエットを成功させるためにするべきこと

まず始めにダイエットと検索すると出るわ出るわ。これしろ!あれしろ!心構えはあーだこーだ。やることが多すぎる。結論はいつでも同じ。食べるな。運動しろ。この二点だけ。それができれば苦労はしない。みんなできるだけ苦労しないで痩せたいのだ。以下はダイエットを成功させるために良しとされている事項だ。

 

・意識改革

明日からではなく今から始めよう!

・ストレスを溜めない

ストレスを溜めるとことは暴飲暴食に直結する。

・停滞期は必ず来るのも

体重減量の踊り場はある。

・食べる順番

野菜から食べ始めること。炭水化物は最後にする。

・ダイエット始めました!周りの人に宣言する。

言ってしまったからには、絶対に成功しなくてはいけないと自分にペナルティーを課して背水の陣でダイエットに望む。

ダイエットを成功させるコツ

上記は自明である。すぐに始めて、今年中に何キロ痩せると宣言して、ストレスを溜めない生活をして、野菜中心の食生活に変える。だったら痩せるでしょ。川の水が上から下へと流れるように、これで痩せないわけはない。だけど、分かっちゃいるけどできないのが人間。そこでだ。ぼくが提案したいのは、ダイエットを成功させるための本質的な考え方であり、そこさえしっかりすれば、ダイエット以外の物事でも成功させられる人間の習性を利用したものなのだ。例えば人間誰しもに共通する感情だ。叩かれれば痛い。冷たくされれば悲しくなる。強制されれば反抗したくなる。隠されれば見たくなる。禁止されれば破りたくなる。そういう人間特有の感情を利用するのだ。

リバウンドしてしまう理由

f:id:hamaren:20171004212809g:plain

 

ダイエットは禁止だらけだ。カロリーの多いものは食べてはいけない。夜21時以降は食べてはいけない。甘いものは控えること。運動すること。してはいけないことだらけだ。リバウンドしてしまう理由はここにある。人は禁止されるとストレスを感じる。自分がしたいことを抑圧すると、その抑圧された感情はどこかで発散しなければならない。「食べるな!運動しろ!」と言われれば、言われるほど抑圧される。まずこの考え方は捨てて、「何々をするな」を「何々をする」に変えればいい。

「しない」ことより「する」ことを考える

 「食べちゃダメ!」を「痩せるためにはどんな食事を摂ればいいのか?」。深夜に無性にラーメンが食べたくなったら、「ラーメンではなく、別のカロリーの低いもので代用できないだろうか?」と考える。「してはダメ」を「する」に変えるのだ。人間は不思議なもので強制や禁止をされると反抗したくなる。自らに食べ過ぎたり、甘いものを食べてしまうことで感じる罪悪感によって、自分で自分にダメ出しをしたり、戒めたりしては逆効果になる。自分に怒るのではなく、「こうしてみよう」「ああしてみよう」と、する方に意識を向けることで、リバウンドしないストレスのかからないダイエットになるのだ。

まとめ

貧困層こそ炭水化物多めになりがちですぐ太ってしまう。女性ならダイエットは永遠のテーマである。ぼくは中肉中背をキープしている。以上のような思考に則って生活をしているからだ。他にも様々な場面で自分に対して禁止をしないように心掛けている。男子なら女子のスカートの中が気になるだろう。気にしない、気にしないと思えば思うほど気になるものだ。だから、気にしないように自分の素直な感情を抑圧し禁じるのではなく、見るためにはどうすれば?と考えればいい。彼女を作れば見放題だ、とかね。禁止より行動だ。以上で話は終わり。

 

ぼくの身長と体重から割り出した適正体重は以下。

f:id:hamaren:20171004212122j:plain

出典:BMIと適正体重 - 高精度計算サイト

ギリギリ普通を維持している。あなたはどうかな?