遊びまくる!

アラサー無職のカオスな日記

カップルが路チュー

f:id:hamaren:20170922233902j:plain

出典:最近のリア充高校生カップルのキスが凄い student couple's amazing kiss. - YouTube

この前の深夜、近所の居酒屋の店前で20代(私服女)と30代(スーツ男)カップルが路チューをしていた。ぼくはその真横をじっと観察しながら小走りで歩いた。

 

※出典画像とは一切関係ありません。

カップルが路チュー

いつも思うのは路チューしているカップルは、自分たちの世界に陶酔しているのか、こちらが覗き込んでも(実際にはそこまではしないが)全く意に介さない人たちが多い。下手したらキス横からぼくがクチビルを突っ込んでも、気づかれないんじゃないかって思う。そのまま三つ巴のキス合戦に発展してしまいそうな感じだ。(そんなわけはないけど)

 

ぼくのようなロンリーボーイからすると、羨ましくて「死ね」と心では思っても、見たくないような見たいような複雑な心持ちになる。路チューするカップルは8割方ブサイクだという統計データもある。ご多分に漏れず、そのベロチューカップルも両方ともブサイク、いやブス、いや普通(男はよく覚えてない)だった。ぼくはそのまま後を付けるわけにもいかず、途中で顔だけ確認して引き返してきた。手を繋ぐ二人は絡み合い縺れ愛ながら、狭い路地を曲がっていく。

 

男の家に行くのだろうか?それとも女の家に行くのだろうか?どちらにしろその後は立ちバックをカマすのだろう。酔っているから、ぼくも横チンコを出せば、間違えて三つ巴のセックス合戦に発展しないだろうかと、甘い妄想をするが、ぼくのロケットは先のオナニーにより精子が空っぽになってしまっている。あちゃー。有事の際の弾切れとは、このことか!迎撃システム制御不能!しまったと、地団駄踏んでいるうちにカップルは、コンビニに入って行った。

不倫カップルのその後

ここだけの話、実はカップルをストーカーしていたのだ。でも大丈夫、深追いはしない。コンビニでさよならだ。家を知っても意味はない。二人はどうやらレジでワインとお菓子(うまい棒)を購入している様子だった。男が先に出てきた。どうやら支払いは女の役目のようだった。女が全額払うのか?一体どんな関係なんだ?結婚しているのか?だが、ぼくの野生がそれを否定した。そしてピーンときた。彼らは不倫だ。そうなんだ。わかった。二人は会社の上司と派遣社員か、アルバイトか、新入社員か、はたまたダブル不倫か。ぼくは自分が週刊文春の記者になったような錯覚に陥った。カメラこそ持ってないが、あれは確かに不倫だ。俺の中の野生が叫ぶ!

 

ここからはぼくの想像の域を出ないが、マンションの一室に消えた不倫カップルは、扉を閉めた途端に抱き合うに違いない。バサッ。男の持っていたコンビニ袋が床に落ちる。シュルシュル。男のネクタイを緩める女。両手で女のスカートをズリ上げる男。「部長…もっとして、あん」「君、濡れてるじゃないか」。本能の赴くままに唇を重ねる。熱い抱擁。床にはさっき買ってきたうまい棒が散乱して…。

 

欲望の迷路。大都会東京。この街には不倫が渦巻いている。一刻も早く取り締まなければいけない。じっちゃんの名にかけて。