遊びまくる!

30代無職のカオスな日記

エア彼女とエア待ち合わせをしてみよう!

f:id:hamaren:20170916233710j:plain

3連休いかがお過ごしですか?せっかくの休みも台風で家に引きこもっているというそんなモグラ男子のあなたに!今回は打ってつけの暇つぶしを伝授したいと思う。

エア彼女とは

今、巷ではエア彼女なるものが流行っていることをあなたは知っているだろうか?エア彼女を知らない人のためにざっくり説明すると、実際には存在しない妄想の中の彼女のことである。えっ?そのまんまだって?エアー(空気)のような彼女のことでしょ?だって?まー、まー、焦りなさんな。大卒はこれだから困る。相手の話を先回りして考える癖がついてしまっているんだ。

 

大卒で賢いのか知らんが、相手の話は黙って最後まで聞くもんだ。それで相手が話し終わってから一言、「長いよ」と言えば良い。そうすれば友達は、あなたからどんどん離れていく。他にも「で?」という、煽りを入れるバージョンもある。他にもいろいろとあって…。てな具合だ。ぼくに友達ができないわけが、何となくわかってきたのではないだろうか。

 

だが、しかし。エア彼女はぼくがどんな冷酷卑劣な行動や言動をしようとも「やめてください♥アンッ」とか「冷たくしちゃイヤ♥あんっ」とか言ってくれるからいいのだ。すべてはあなたの思い通りなのである。

エア待ち合わせをしよう!

ある程度、エア彼女の準備が整ったら、今度は渋谷のハチ公前か、新宿のアルタ前で待ち合わせをしよう。「何時何分にどこどこ待ち合わせで」と、自分の好きな場所と時間を指定すればいい。例えばぼくの場合だと、渋谷のハチ公前に花金17時に待ち合わせたとして、胸には赤いバラを一本、これが目印になる。田舎者は知らないと思うが、花金の渋谷のハチ公前は、それこそ待ち合わせの人たちでごった返している。普通に白Tシャツにジーンズでは、何時間経っても出会えないのだ。それほど都会は恐ろしいところなのである。だから敢えて、胸に赤いバラを差しているわけだ。バラの花束を持っている男はいても、1本だけしかも、今どき胸に差している男はいない。

 

待ち合わせの正式なスタイル↓

f:id:hamaren:20170916231007j:plain

画像:http://m.sponichi.co.jp/soccer/news/2013/11/02/gazo/G20131102006929760.html

彼女は果たして待ち合わせ場所に来るのか?

待ち合わせの代名詞と言えば、すっぽかしである。昭和世代の男なら誰もが夢中になったテレクラだ。ぼくは過去そのテレクラで何度もすっぽかしにあったことがある。(その話はまた後日)

 

さて、エア彼女と渋谷のハチ公前で待ち合わせた場合、彼女は果たして待ち合わせた場所にくるのか?どうなのか?答えは、否。来ないのである。永遠に来ないのである。だってエアなのだから。そしてぼくのことを人々は「人間ハチ公」と呼ぶようになる。いや、ハマコーかもしれない。あーもう、どっちでもいい!というのも、ぼくは他人からの評価を全く気にしないで今まで生きて来た。だからサラリーマンに向いていないとも言える。会社組織というものは、出世を含むすべてのことが上司や部下からの評価ひとつで決まる。ぼくはそれが大嫌いなのだ。

ラスト

話を戻そう。エア彼女はずっと待っていたけど結局来なかった。そんなぼくのことを見ていた少年がこう訪ねてきた。「何をしているんですか?」と。ぼくは驚いて振り向き、こう答えた。「何をって、ずっと待っているんだよ」。少年は目を輝かせながら次に「何を待っているんですか?」と聞いてきた。

 

 ぼくは彼女が来ないイライラをその少年にぶつけながら言った。

「待っているものが何か分かったら誰も待ったりなどしないよ!」

 

あなたにはずっと待っているものはありますか?それは人ですか?モノですか?はたまた、愛や夢だったりして…。 待っていては幸運はやってきませんよ。たまには行動してみましょう!以上、また今度!