遊びまくる!

無職ブロガーのカオスな日記

ぼくが目撃したキセル乗車のやり方

f:id:hamaren:20170825230858j:plain

これは少し前にぼくが早朝の池袋駅で目撃したキセル乗車(不正乗車)である。その手口は2つある。それをここにまとめておくことにする。

目撃!キセル乗車のやり方①

ぼくが一番驚いたキセル乗車のやり方その①。そのキセル乗車を目撃したのは、早朝の池袋駅だった。その日、ぼくは飲み会の帰りで早朝から電車に乗ろうとしたときだった。ぼくの後ろからものすごい勢いで走ってくるニッカポッカ姿の男がいた。その男は、あっという間にぼくを追い抜き、改札を陸上のハードルみたいに飛び越えて行ったのだ。

 

f:id:hamaren:20170825225805j:plain

その走りは、まさに突風の如し。早朝の改札には駅員はいなかったけど、たとえ居たとしても、あれほどの速さでは追いつくことはできないだろう。これは田舎ではあり得ない光景だったのでよく覚えている。

目撃!キセル乗車のやり方②

もう一つのキセル乗車のやり方は、とても強引な手口だった。その20代と思しき女は、新宿駅の改札でぼくの目の前に立っていた。 そしてそのままスイカをタッチせずに、ピンポーン!と鳴ろうが、ゲートが閉まろうが、お構いなしに颯爽と改札を抜けて行った。アンビリバボー。この大胆な方法は、これ以外にも何度か目撃したことがある。大胆不敵というか、何というかだ。

キセル乗車の罪

判例タイムズ2013年3月号に,キセル乗車を繰り返していた被告人に刑法246条の2(電子計算機使用詐欺)を適用して,懲役1年執行猶予3年の有罪判決が出された事件の第1審判決が出ていました。自動改札機を利用したキセル乗車に刑法246条の2を適用した例は,全国で初めてだそうです。

引用:[刑事事件]キセル乗車と電子計算機使用詐欺罪 - 高輪共同法律事務所ブログ

 

キセル乗車は犯罪なので、止めるべき行為である。そして運賃の20倍もの金額を請求されることもある。捕まってからでは遅いのだ。

まとめ

都内で電車に乗っていると様々なことに出くわす。電車に乗っているだけで、ブログネタに困らないのではないかと思うこともある。それだけ人間ドラマが錯綜しているのだ。都会の混沌、底辺の底辺を見たければ、電車に乗ればいい。沿線によって、乗客のマナーや乗客そのものにも特徴があったりする。その辺も時間があれば調べてみるのも面白いかもしれない。