遊びまくる!

無職ブロガーのカオスな日記

人殺しは悪ではない理由

f:id:hamaren:20170825182404j:plain

「殺したい人がいるんだ」。あなたは友人から唐突にこう告げられたらなんて答えるだろうか?そしてあなたはなぜ人を殺してはいけないのかという理由や、人はなぜ人を殺してしまうのかといった明確な答えを知らない限り、返答に窮してしまうことだろう。「そりゃダメに決まってるでしょ!」と、ほとんどの人がそんな平凡な回答しかできないのではないか。ぼくはこの問いにある真理を見つけたのである。

人生に正解はない

あなたが良識ある大人なら人殺しはいけないことだという認識で一致しているはずだ。これにはぼくも異論はない。しかし多くの人が大いなる勘違いをしていることに気づいていないのである。そのきっかけは、ある本の一節にあった。それは「人生には正解はない」という言葉である。この言葉を読んで、ぼくが始めに感じたことは「そんなものは分かり切ったことだし、すでに知っている」だった。でもその本を(本といっても数ページしかない)読んで、気づかされたのだ。ぼくは「人生に正解はない」という本当の意味をまるで知らなかったことに。

人を殺してはいけない理由

人生に正解はないとは、つまり人生には問いや疑問はあっても、それに対する絶対に正しい正解はないってことなのだ。でも多くの人々は物事には正解があると信じている。もちろん全部が全部に正解があるわけではなく、正解の無いものもあるが、正解があるものもあると考えている。その代表的な例が人殺しだろう。なぜ人を殺してはいけないかについての理由は、大体以下の3つに集約される。

 

 

  1. 倫理感や本能的にいけないことだと感じるから
  2. 悲しむ人がいるから
  3. 法律で決まっているから

 

 

1以外は、理由としては弱い。2の「悲しむ人がいるから」は、身寄りのない天涯孤独の人だったら殺してもいいことになってしまうし、3の「法律で決まっているから」も、なぜ法律で決まっているのか?と、考えたときに結局は、1の「倫理感や本能的にいけないことだと感じるから」に帰結するからだ。

 

結果的に言うと、この「人はなぜ人を殺してはいけないのか」との問いに、ぼくはこう結論付けた。「人々が安全な暮らしや文化的な営みを送るためには、人殺しがOKでは困るから」だ。もし人殺しをしても良いとなれば、おちおち外も歩けなくなる。いきなり通り魔に刺されても「運が悪かったね」で終わらされたら、安心などできるはずがない。以上の内容が、ぼくが考える「人を殺してはいけない理由」である。

人殺しは悪ではない理由

さて、では本題に移ろう。人を殺してはいけないのに、なぜ人殺しが悪ではないのかについてだ。いけない理由は上で説明した通り。まとめると「人々が平穏な生活を送れないから人殺しをしない」というだけの意味。しかしこれを勘違いして「人殺し」=「悪」と認識してしまうと戦争が起こってしまうのだ。

 

戦争はなぜ起こってしまうのか?この問いの答えは、人々がモノには善悪があると考え、同じように、この世に正解と不正解があると信じているからに他ならない。戦争を起こす者は、我々は正義だと主張し、反対の不義を成敗することは絶対的に正しいと考えている。小さいことでいうと、この思想(人殺しは悪である)を持っている人は、他者に対して、平気で正義感を振りかざし、悪だと思うモノを攻撃をする。自分が絶対的に正しいのだと信じて。

 

ぼくがこれらの人たちに伝えたいのことは、この世界には善も悪もないこと、正義も不義もないこと、正解も不正解もないことだ。人殺しは悪だと考えている人がいる以上、争いはなくなることはない。なら、人殺しとは何なのか?との問いについての答えは、現象だというしかない。人が家畜を殺して食べるように、ただ殺したという現象がそこにあるのみだ。

まとめ

人生に正解はない。あるのは物事を選択したという事実だけだ。そうして結果的に起こる物事には、正解もなければ不正解もない。今この時も世界では、自分の方が正しいことを証明するために争う、くだらない紛争が絶えない。何を争うっていうんだい?正しいことなど何もないのに。

 

世界中の人々が一刻も早く、正しいことや間違いは無いこと。どんなに憎くても、そこには悪もなく善もないこと。そして優しさだけを忘れないで持っていればいいこと。ただ一つの優しさだけを持っていればいいのだということに気づいて欲しい。終わり。