遊びまくる!

30代無職のカオスな日記

東京首都圏の空室率が異常!関東でアパート経営はしない方がいい

f:id:hamaren:20170821224750j:plain

画像:http://www.tas-japan.com/pdf/news/residential/Vol91_Vol63residential20170731.pdf

アパート経営のコマーシャルをよく目にする。佐々木蔵之介さんが出演しているシノケンという会社。頭金なしで会社員として働きながら、アパート経営ができるらしいんだけど、上の図を見る限り、東京近郊関東でアパート経営をするのは、自殺行為じゃないのかな?

 

※赤丸部分は相続税引き上げによる節税対策のため、アパート経営をする人が増加したことで数値が急激に上がっている。

首都圏の空室率が急激に上がった原因は相続税の課税強化

shm-keiei.com

詳しくは上のサイトに書かれている。簡単にいうと2015年1月1日以降から相続税が引き上げられたってことだ。それにより節税対策の一環で余っている土地やお金があれば、アパート経営した方が相続税を節税できることと、子どもの為に少しでも資産を残してあげたい親心の相乗効果で、アパート経営に乗り出す高齢者が増えたことが背景にあるのだ。

東京都の人口増加の推移

f:id:hamaren:20170821225844j:plain

画像:http://www.toukei.metro.tokyo.jp/jsuikei/2017/js171f0000.pdf

東京都の人口増加率も気になるところ。調べてみると1956年(昭和31年)~2017年(平成29年)まで右肩上りとなっている。東京都の人口(推計)」の概要(平成2 8 年1月1日現在)により。

 

日本の人口は少子高齢化と共に減少傾向にあるが、東京都の人口は増加しているのだ。これは東京一極集中の問題でもある。地方の過疎化は進行しているのに、東京の人口は増えている。ぼくも田舎から上京してきた身の上なので一役買っているわけになる。

不動産の知識無くしてアパート経営はできない

ぼくも不動産に興味があってセミナー(無料の)などに行って話を聞いたり、本で勉強したりしてみたことがある。そうして分かったのは、立地がすべてってことと、不動産でお金を儲けるためには不動産の知識はもちろんのこと(最終的には宅地建物取引士を取得するレベルまで)、不動産が好きでないとうまくいかないということだった。ブログだってそうだし、あらゆるビジネスでも同じことが言えるけど、やっぱり競売物件を購入したり、アパートやマンションを建てて、収益をあげることが楽しくない人は途中で挫折するのだ。(※競売物件とは、裁判で売りに出すことが可能になった格安物件のこと)

まとめ

不動産知識のない高齢者の人は、相続税の課税強化に伴い、節税対策に付け込んでお金を騙し取ろうとする悪徳不動産業者もいるから気を付けて欲しい。それとぼくの昔の知り合いにセザールマンションに住んでいた先輩がいたけど、その先輩のあだ名がセザールだったことを思い出した。関係ないけどね。セザール先輩元気かな?