遊びまくる!

無職ブロガーのカオスな日記

隣の家から幸せそうな家族の団らんが聞えてくる

f:id:hamaren:20170816230826j:plain

既読スルーに、女に飲み食いをたかられて音信不通。こんなことの繰り返し。いつになったら結婚できるのか。イケメンであれば経済力がなくても結婚できるだろうし、ブサイクでも話が面白ければお金がなくても可能性はある。最悪なのは、経済力もなく面白くもないブサイクな男である。それはまさに生き地獄。前世で余程の重罪を犯したのだと、その責め苦を今生で、ただただ味わうしかないのである。

経済力のないブサイクな男は一生結婚できないの?

結婚している人はそう言うだろう。誰でも結婚できるって。まあ、そうだろうね。わかる。けれど、じゃあ結婚したいのに結婚できない人がいるのはなぜなのか?それは運だという人もいる。婚活の仕方や回数が少ないのだという人もいる。まあ、そうだろうね。わかる。所詮は他人事。だからって諦めちゃいけない。経済力のない貯蓄のないブサイクな男でも結婚できるんだってことを証明してやろうじゃないか!今後の人生でね。

とにかく明るく行こう!

こういう話題になると暗くなってしまいがちだ。ぼくも飲み友達のM井氏と高田馬場で酒を飲んでいるときに、この手の話題に触れることがよくある。お互いに35歳以上で一度も結婚したことのない男やもめ。どうにもパッピーにはならない話題ばかり。しかしあの時ああしていればと、後ろ向きなタラレバ論では何も始まらない。結婚だけがすべてじゃないと人は言う。家庭は地獄だという人もいる。

 

しかし家に帰ってきて電気が点いているのと、真っ暗なのとでは生きる喜びが違う。「おかえりー」「ただいまー」この感じ。イメージトレーニングをしよう。そして明るい引きつった笑顔を見せよう。気持ち悪い?笑顔が気持ち悪いってのは辛すぎるけど、ブスっとしているよりは良いはず。まずは明るく行こう!話はそれからだ。

隣の家から幸せそうな家族の団らんが聞えてくる

ぼくの家は1Rの木造アパート。よくある二階建てのアパートである。隣は大きな一軒家、幸せかどうかは定かではないが、家族が住んでいる。夜になるといつも声が聞こえてくる。幸せそうな黄色い声と若い男の声と、ババアの声などいろいろだ。時には口喧嘩をしている声も聞こえてくる。今ぼくはその声を聞きながら、このブログを書いている。

 

ぼくのスマホには誰からも連絡はない。ここんトコずっとない。誰かが言ってたっけ、電話してくるヤツとは仕事するなって!ぼくはね、思うんだ。ずっとずっと誰からもメールの一通も無く、誰とも話をしていないと、人って寂しくなって誰でもいいから話したくなるんだよね。そんなときは、ぼくは近所の野良猫のリーちゃんと話をしているわけなんだけど、猫は日本語が話せないから、ぼくのコミュニケーション欲求は満たされないままなんだ。ああ、また隣から騒がしい声が聞こえてきた。楽しそうだなー。ママだって。