遊びまくる!

アラサー無職のカオスな日記

チンチンが大きくなっちゃいました!でも大丈夫。

f:id:hamaren:20170812232306j:plain

下ネタじゃなくて真剣な話。男の子の赤ちゃんがいる人は知っていることだと思うんだけど、4歳くらいまでの男の子って、よくチンチンが大きくなってるらしいんだ。検索すると、小さい男の子がチンコが大きくなっちゃったと言っているけど大丈夫か?とか、そういう悩みがあるようだ。

チンチンが大きくなった男の子に対するベストな対応

ぼくには子どもがいないので、そういったことは知らなかった。お母さんたちは息子の息子が、おっ起っても、平気な顔して「大丈夫だよー。すぐ元に戻るからねー」と、息子に言って聞かせているとな。あっぱれ。なるほどね。確かにしばらくすると静かな状態に戻るから、息子が「チンコが起っちゃった!どうすればいいの?」と、聞いてきても、流すのが一番いいのだ。

対応次第で変態になってしまうこともある

でも、ここで対応を間違えるとえらいことになりはしないだろうか。それというのも、母親の対応次第で息子が変態になってしまうことも、十分あり得ることではないかと思ったのだ。例えば男の子が「大っきくなっちゃた!」と言って来たときに、「そんな汚いところ触らないの!」と、怒ったとしたら、その子は「チンコ=汚いもの」だと脳にインプットされてしまう。

 

従って、チンコ=悪となり、さらに、性的な物=不純な物となる。恐ろしいことだ。性的なモノを素晴らしいモノだと考えられない人は、変態への特急列車に乗ったも同然ではないか。変態=犯罪者ではないが、どうしても他人には到底理解できないものに執着してしまう人もいる。たぶん彼ら彼女たちは、性器について何らかの親から受けた何気ない言動によって、歪んだ性癖を持ってしまったのだ。

まとめ

子どもの幼少期の言動を見ると、クレヨンしんちゃんのように下品な言葉(ウンコなど)を喜々として連呼することがある。それは次第に大人になるにつれて無くなっていく現象だ。心配しなくてもいい。だが、未だにぼくはチンコが大きくなってしまい困ることがある。そんなとき優しく「元気な証拠だよ」と言ってくれる女が、近くにいてくれたらと思う次第なのである。最後に、チンチンが硬くなってもおしっこはできるのだ!ということを言っておきたい。大人になってするのは技術を要するが、小さいうちは顔にかかるくらいが丁度いいのだ。