遊びまくる!

無職ブロガーのカオスな日記

一線を越えたとか越えないとか言ってる場合じゃない

f:id:hamaren:20170730233303j:plain

毎日のようにメディアが騒いでいる不倫問題。今は芸能人や政治家の不倫ブームだ。うん、いいと思うよ。不倫したって、一線を越えたって。人はその行為を倫理に反するというけど、倫理って何だ?どうせ偉い人間が勝手に決めたルールでしょ?ルールは守らないといけない?ルールは一体誰が決めたものなの?

 

今一度、自分の頭でよく考えることが重要だ。人間は機械じゃないんだから。

「ルール通り真面目に生活することは人のモラルであり、不倫することは道徳に反する」この考え方に縛られている人は大勢いるけど、後、数十年経てばそんなこと言ってられなくなるよ。

ロボットにモラルはない

コンピューターの進化は凄まじい。あと数十年後の未来の世界では、人工知能を搭載したロボットたちが自らの意志を持ち、その辺の道を闊歩しているだろう。そんな未来は容易に想像できる。

 

そのとき自分が生きているとか、いないとかじゃなしに、ぼくはロボットと人間の共存する近未来を想像するだけ心躍るのだ。でも楽しいことばかりではない、それは上で言ったような人間が安全で文化的な生活を送るために作られたルール、即ち、倫理観や道徳観である。これらは人間同士なら通用するだろう。

 

しかし、ロボットに人間が作ったモラルは通用しない。ロボットはロボット同士で、独自の言語を使い、コミュニケーションを取合う。そうなれば、今まで人間が作り上げてきたモラルは崩壊するだろう。いや、ロボットたちの手によって、新しく創り変えられるというべきか。

ロボットがルールを変える

ロボットの思考は非常に効率的である。人間なら感情や情動によって行動してしまうところをロボットなら冷静に対処できる。それに人間を遥かに凌ぐロボット特有の能力がある。それは知識の共有である。ロボットたちは自分が学習した経験をクラウドに保存して、すべてのロボットたちとその知識を共有することができる。しかもそれらの知識群は例えロボットが壊れても残っており、巨大なデータベースに蓄積され続ける。

 

こうなったら人間の勝ち目はない。誤解してもらっては困るが、ロボットと人間の戦争になるのではない。ロボットが人間に変わって社会のルールを変えていくということだ。

一線を越えたとか越えないとか言ってる場合じゃない

人間たちが気持ちいいコトしている間に、ロボットたちは人間の思考パターンや行動から学び、「また、アホなことやってるわー」と、飽きれるだろう。一線を越えたとか、越えないとか、そんなこと言ってる場合じゃない。不倫したとかしないとか言っている場合じゃない。でも意外と人間にはヤルことがないのだ。食欲、性欲、睡眠欲を満たしたいという欲求から逃れられないのだ。ロボットにはそれらの三大欲求はない。進化し続けるのみだ。勝てるはずがない。そんなぼくは早くロボット嫁をと願うばかりなのである。