遊びまくる!

無職ブロガーのカオスな日記

結婚の利点と独身生活の利点では独身の方が勝っている

f:id:hamaren:20170730185705j:plain

結婚した方が良いのか?はたまた独身生活を謳歌した方がいいのか?人生の分かれ道。分岐点。AかBか。下の図を見るとわかると思う。

 

f:id:hamaren:20170730173729j:plain

f:id:hamaren:20170730173719j:plain

画像:http://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou15/NFS15_gaiyou.pdf

結婚の利点

注目したいのは、女性が考える結婚の利点で、近年、女性は結婚の利点に「経済的に余裕が持てること」を挙げている。反対に男性はどれも伸び悩んでいることがわかる。敢えていうなら「子どもが持てる」が若干伸びているくらいだ。この図では男女双方の意識や価値観の違いが啓著に現れている。

 

経済的に安定したいと願う女性と、イマイチ結婚の利点がはっきりしないと考えている男性。はっきり言ってしまうと、結婚に利点はないのである。結婚にメリットなど求めるものではないのだ。

 

損得勘定で打算的に結婚する人も多いだろう。しかし結婚することの最大の利点は子育てにあるのだ。いい子孫を残すこと、良い子どもを育てることが結婚に与えられた最大の使命である。男女が協力し合って、子育てをする。力を合わせること。これに尽きる。

 

独身生活の利点

独身生活の利点は言わずもがな。今の世の中には遊びや退屈を紛らわすアミューズメントがいっぱいある。少々あり過ぎて困るくらいだ。お金さえあれば、ほぼすべての欲求が満たされる。逆にお金がない貧乏人には楽しめることは少ないが、これは今も昔も同じである。

 

ぼくは貧乏人に残された最後の楽しみは空想だと思っている。空想や妄想は自由な時間さえあれば、いかようにでもなる。そこには誰の制約もなければ、法律もない。すべては自分次第で決められる。だが、注意点がひとつだけある。それは妄想しすぎると、危ない系に走ってしまうことが稀にあるということだ。何事もやり過ぎはいけない。

まとめ

独身の方が楽しいことは明白である。だから結婚しない人たちが増えているのは当然の成り行きだ。お金がない男とお金を求める女は永遠に交わることない平行線のようなものだ。若い男がお金を沢山稼げば、双方の希望通りとなってマッチングするのだけどね。若くてイケメンでお金があれば、結婚したい女なんて腐るほどいるわけだから、一夫多妻制を取り入れるべきだという考え方もある。

 

他にもいろいろ言いたいことはあるが、今日のところはこの辺で。ぼくがこのエントリで言いたかったことは、結婚するより独身でいた方がメリットが多いってことなのだ。