遊びまくる!

無職ブロガーのカオスな日記

底辺にいる貧困層には歯が悪い人が多い

f:id:hamaren:20170726223035j:plain

経験上、歯が悪い人は性格が怠惰な人である。あなたはギャンブルをなさるか?パチンコ、パチスロ、競馬に競輪に競艇。ぼくはどれも嗜まないが、やったことはある。実際に経験して見ないとわからないこともある。人生がギャンブルだと言われたらそれまでだけどね。

社会の底辺と貧困層

インドのカースト制度然り、士農工商、日本にも古くから身分制度があった。日本では廃止された制度だが、平成になっても蛙の子は蛙で、親からの遺産相続やら、コネやら、貧困層の家庭に生まれた子どもと中間層と富裕層に生まれた子どもとの格差は歴然である。

 

不幸にも親を選べない宿命もある。生まれたときには裕福でも途中で親の会社が倒産して借金まみれになったり、リストラにあったりして中間層から貧困層へとジェットコースターとなるケースもある。ここで皆に共通しているのは、誰しも貧困層(社会の底辺)に落ちたいと思って陥っているわけではないということだ。これは自分の意志で選ぶことができない。どうしようもない運命なのである。

なぜ最下層民は歯が悪いのか

怠惰な人→歯磨きしない→虫歯になる→歯がボロボロになる→歯が無くなる。式によって答えを出そうとすれば以上のような式になるだろう。歯磨きをしなければ、虫歯になるのは当然の成り行きだからだ。

 

ぼくが今までに出会った数多くの「低収入」「低学歴」「低身長」男子たちも歯が無い人が多かった。彼らは皆、歯磨きをほとんどしないと言っていた。これは例外だが、昔、ケンカで殴られて前歯を何本か差し歯にしていた人もいた。

まとめ

なぜ最下層民は歯が悪いのかをまとめると以下。

  • 歯を磨かない怠惰な性格の人
  • 長時間労働で疲れ果てている人
  • 歯を磨くことの優先順位が低い人

 

職業等で言えば以下。

  • 風俗、水商売、暴力団関係の人
  • 非合法系裏稼業の人
  • 関り合いを持ちたくない人

 

こんなところだろう。

低学歴の人は歯が悪い

ここで勘違いしないで欲しいことがある。それは「歯が悪い=頭が悪い」とは言い切れないということだ。言い切れるとすれば、こうだ。「歯が悪い=低学歴」。これは当てはまるだろう。その根拠を問われれば、前歯が数本ないしはゴッソリない人で、キャリアがあって経営者や起業家としてバリバリ第一線で活躍している人がいないからである。別に社長でなくても構わないが、人前に出てしゃべる人は自分の前歯がなければ、まず治してから出るだろう。当たり前だけど。

虫歯になるかならないかは親で決まる

幸運にもぼくには虫歯はない。歯並びも良い。だからキスしたい。キスキスキスキスキスキス。冗談はさておき、子どもが小さい頃に親が歯磨きの大切さや磨き方をしっかりと教えているかいないかは、かなり重要である。あまり教育熱心なのも良くないが、ここで将来、その子の前歯が無くなるか無くならないかが、ほぼ決まると言ってもいい。

 

以上、ハマダがお届けしました。最後はぼくの好きな曲「虫歯のこどもの誕生日」でお別れしよう。ぼくは、この歌をもうだめだーと思った時や人生に行き詰まりを感じたときに聴くようにしている。

 

 

※音量注意。みんなのうたのカバーしかなかった。残念。

www.youtube.com