遊びまくる!

30代無職のカオスな日記

子どものことを考えて離婚できない夫婦は今すぐ離婚しなさい

f:id:hamaren:20170722221845j:plain

ぼくの母親は二度離婚している。ぼくが小学一年の時と30歳を越えてからの二度だ。よく議論に上がる、子どもの将来を考えると離婚はできないという考え方。夫婦間の愛はとっくに冷めきっているのに離婚しないカップルがいる。それはなぜか?子どもの未来に離婚の影響があると考えているからだ。これはものすごく馬鹿げた考えなのだ。

子どものことより自分のこと

人は自分が幸せでないと他人を幸せにすることができない。ということはつまり、夫婦が幸せでない時点で子どもに多大な悪影響を及ぼしていることになる。しかも、子どもの為を思って離婚しないとなると、その子どもが置かれている世界は地獄以外の何ものでもない。本当に子どもの将来を考えているならば、母親と父親が心底幸せに思えて暮らしている風景を見せるべきである。子供のことを考えて離婚しないなど、一番選んではいけない選択肢なのだ。

親の離婚は子供の将来に影響しない

安心して欲しい。親が思うほど子どもは未熟ではない。親にとってはいつまでも子どもであっても、子どもにとっては親など自分を生んでくれた原子の塊に過ぎない。子どもは自分の親を選ぶことは出来ない。どの親から生まれてくるかは運に頼る他ない。そのような宿命によって生まれてきた子どもは自分とは何か?自分を意識する自我とは何か?と、自然と考えるようになる。その結論は自分が確かに今そこに存在している事実を知覚すること以外に答え出ない。

 

親子の関係は深い愛を伴った感情で繋がっている。しかし、一方で親子関係の因果関係とは、宿命と言う名の自分で選択する余地のない不条理な問題に直面することになる。そう考えれば、親の子に対する心配など取るに足らない幻想となる。ぼくは母親の二度の離婚を経験してそのような考え方に至ったのだ。

離婚は何度してもいい

できれば離婚しない方がいいと思っている人は多いだろう。ぼくはこれは間違いであると考えてている。動物や生物を見てもわかるように、人間にとって一番大切なことは種族の繫栄である。人はいかに偉大な思考を持っていようと、死ねばそこで終わりになる。種の繫栄こそ、人間が成すべきことなのである。離婚を何度しようと、子どもを何人も作り、この世界に誕生させることは、子どもの将来うんぬん言う以前に生物学的に見てとても素晴らしいことなのである。ぼくが言いたいのは手当たり次第に子供を作り、産むことが人間にとって一番良いことである。離婚はどんどんしなさい。子どもはどんどん作るのはとても素晴らしいことなのである