パンツを脱ぐ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊びまくる!

アラサーが会社を辞めて書くカオスな日記

キモくてごめんなさい。キモい僕がキモいについて調べた結果

f:id:hamaren:20170325222943j:plain

ぼくはキモい男です。自覚症状はあります。とくにお酒を飲むとキモくなります。

 

だからぼくはキモいと思われないように、努力してきました。しかし努力の結果は今一つでした。そしてわかったんです。それはキモイと思われないように、キモイ人がいくら努力したところで、キモいものはキモいんだということが。

男がキモくなった最大の要因

電話ではなく、メールのやり取りが主流の現代社会。

 

電話で話したことは2、3日もすれば忘れますが、文字にすると全部残ります。そしてそのときの感情で書いた文字を後から読むと、キモイと感じます。

 

すべては携帯(主にメール)ができたことによって、キモイという言葉も誕生しました。

 

携帯がなかった時代にはキモイ人も今ほど目立たなかった。それがみんながみんな携帯を持つようになってから、キモイ人がより女性の目につくようになりました。

 

キモくなった(主に男)最大の要因は、携帯(主にメール)なんです。

キモイは悪か

世間一般にはキモい行動やキモい人は悪だという認識から、他人から嫌煙されます。

 

だからキモい人は同じくキモい人同士のコミュニティを作り、より一層気持ち悪くなっていきます。

 

他人とコミュニケーションを取ることが苦手な人は引きこもろうとします。

 

 

今の日本は女性の社会進出や男女平等を叫びます。

女性が男性と同等の立場になることによって、キモい男はどんどん行き場をなくします。

 

経済的にも男性に依存しなくてよくなれば、自然とお金持ちだったり、顔が良かったり、性格が良かったりする男性が選ばれます。お見合い結婚が盛んだった昭和の時代は、女性がある程度妥協してくれていたんだと思います。その妥協を今の女性はしなくなりました。それは無理に妥協しなくても、ひとりで生きていけるからです。

 

よって、キモい男は完全に結婚相手から除外されました。

 

当たり前です。

 

現代において、キモイは悪ではないが、キモイと結婚はおろか、異性と付き合うことすらできないのです。それを国が補助なりなんなりしてくれればいいんですが、あいにくとそんなバカげた法律や条例はできないのです。

 

運よくカップルになる場合もありますが、それはたまたま、運が良かっただけです。ぼくはよくすべての出来事を運の良し悪しで語ります。

妖怪人間に学ぶ生き方

闇に隠れて生きる俺たちゃ妖怪人間さ。

 

昔、妖怪人間というアニメがありました。

妖怪人間は毎回悪を倒して人を助けます。しかし助けた人たちからは気持ち悪がられます。それは見た目が妖怪だからです。

 

このことからわかるように、見た目が気持ち悪い、もしくは、行動や言動が気持ち悪い場合、どんなことをしても気持ち悪がられるということなんです。(なぜなら存在自体が気持ち悪いから)

 

気持ち悪い男は、闇に隠れて生きるのが宿命なのです。開き直るしかないのです。キモいけど何か?と女性に言い放つしかないんです。明るキモいでいくしかないんです。

 

女性は、けっして「あの人、キモくて素敵だわ」とは思いません。

 

 

仲間外れにされて、他人に嫌われても前向きに頑張って生きよう。

 

ぼくは強くそう思ったんです。

酔ってブコメは危険

ちなみに酔ってブコメすると後悔することが分かったので、ブコメは素面のときにすることに決めました。が、酔っているときに、もしブコメしてしまった場合は、キモい場合もあるということを先にお断りしておきます。

 

それはもう開き直るしかありませんから。