遊びまくる!

30代無職のカオスな日記

思考

土日祝日は消費税ゼロにすればいい

働いた給料から天引きされる税金は、所得税、住民税、健康保険、介護保険、厚生年金、雇用保険。どれも数年前から増税の一途だ。それに加えて物を買う時に発生する消費税も10%になろうとしている。誰が言ったか、働いたら負けというセリフ。まるで税金を…

刑務所とシャバ、どっちがいいか

私は刑務所に入ったつもりで生活をしている。本物の刑務所に入ったことはないが、想像するに、毎日のスケジュールがあって、決められた食事を決められた時間に取り、就寝や起床も時刻が定められている。留置場や拘置所といったメンドクサクイことは抜きにし…

異性にモテるコツは待つこと

あなたは異性にモテたいと思ったことがあるか。異性でなしに同性でもいい。犬や猫、ペットでもいい。モテたいと思うのは人間の本能だ。モテるとは好かれることだ。私はこの「モテ」に関してある一つの結論に達した。

服なんてどうでもいい

出典:ComicWalker 「服なんて、どうでもいいと思ってた。」 大概のことはネットで調べればすぐ出てくる。私はファッションセンスがない。そして服のコーディネートにも興味がない。「服なんてどうでもいい」と検索したら、ある漫画に出会った。試しに無料で…

「日本の無職が仕事をしない」根深い理由

無職や引きこもりやニートが仕事をしないのは、仕事を選んでいるからではない。仕事をしても意味がないからだ。一般人は仕事の意味を考えたことがあるだろうか。人生の意味について深く考えたことがあるだろうか。無職になるきっかけは人それぞれ。入り口は…

貧乏でも子だくさんが一番幸せだった

出典:PRESIDENT Online 女性の幸福度が一番高い、楽しいと感じることが多い、人生のターニングポイントは結婚して子どもを3人以上持つことだった。男性の幸福度はというと、気の合う仲間と楽しく老後を暮らすことだった。つまり人間は孤立した状態では幸せ…

お金を稼いで幸せになるためにすること

これほどシンプルで難しいミッションはない。人生をゲームに例えるなら、何度でもリセットボタンを叩けばいい。セーブデータが残っていればやり直しができる。「お金」と「幸せ」この二つを同時に取得すること、それは資本主義に生きる文明人には、永遠のテ…

SNSのお付き合いで時間を浪費するのはもったいない

昭和世代、バブルの申し子である私はいつも通り、デスクトップPCにインする。私はブログとTwitterとFacebookのアカウントをジャックしているが、Facebookは投稿0で放置。Twitterはよっぽど気が向いたときにしか、ツイートしない。Twitterは基本、ブログの…

なぜ僕は「すべること」を恐れないのか

出典:脳内の仕組み:「ジョークでウケると喜び」生理研が解明 mainichi.jp 人は人を笑わせることで幸せになる。女性が男性に比べてよく笑うのも幸せな人が多いということだ。自然科学研究機構生理学研究所は、人が人を笑わせたとき、脳内のほめられたときと…

家事にかかる時間は1日3時間

出典:http://www.nhk.or.jp 1995年~2015年まで、女性が家事にかける時間は約3時間。ほぼ横ばい。ここに子どもの世話も入れば、相当な時間が消費されることになる。以下参照。 出典:http://www.nhk.or.jp

恋愛は時間と金の無駄だった

fanfunfukuoka.com 無職になって女と遊ばなくなった。今では誰とも交際していない。するとどうだろう。精神的には孤独になって、サビシイときもあるが、所持金が全然減らないのだ。原因は外食を減らし、できるだけ自炊していることもある。いつの間にかスロ…

貧乏人の家には本がない

出典:https://www.nta.go.jp 2016年の日本国民の平均給与は422万円。あなたはこの金額よりも上か下か?以下の人は貧困予備軍だ。非正規労働者は年収300万円台の人が多い。これをざっくり分けて年収400万円以下の人たちの家には本が少ない。と…

ピーマン男

ところで君はピーマン男の噂を聞いたことがあるだろうか。私の調査によると、実は全国にかなりの数のピーマン男が身を潜めていることがわかった。だが、ほとんどのピーマン男は私のように独身であり家庭など持ってはいない天涯孤独の身の上だ。だから誰もが…

将来が心配

早朝から、心配学「本当の確率」となぜずれる?(島崎敢・2016年)を読んだ。理由は将来が心配だからだ。36歳、独身、無職、貯金ほぼ0、友達0、彼女0。実家にも戻れず。まさに地獄までのイーシャンテン。これだけで役満ドラドラバンバンだ。

女の生命力が強すぎる

データ元:統計局 2017年、日本の男女別人口を調べた。55歳以上になると男の人口を女が抜き、70歳以上になると完全に女の人口の割合が多くなっていた。女の生命力が強すぎるのだ。

人を好きになる方法

結婚したいのに異性に魅力が感じられない人。結婚相手に妥協したくない人。条件を下げるくらいだったら結婚しないと決めている人。その他、結婚以外にも他人を好きになれない人がいる。人を好きになるためには、まずは自分のことを好きになることが大切だ。…

東京の地方出身者の人口割合

出典:人口移動調査 東京にはどのくらいの地方出身者がどのくらいの割合でいるのか。気になったので調べてみた。

牛丼一杯の儲けはいくら?

牛丼一杯の儲けは9円(坂口孝則・2008年)を読んだ。今から約10年前の本だ。今年は2017年。牛丼一杯の儲けは変化したのか?それとも同じ9円なのか?私は疑問を感じた。さっそく、吉野家、松屋、すき家(ゼンショー)の決算を調べてみた。

未来が見えないとき、いったいどうしたらいいのか

今年の東京10月は観測史上初の連続降雨記録を達成した。晴耕雨読の私は家の中で本ばかり読んだ。8,9、10月、ずーと雨。まあ、天気に文句を言ってもしょうがない。そんなときブックオフで偶然出会ったこの本。「偶然のチカラ」植木啓司著(2007年)。…

日本はできない人に厳しすぎる

岩波 明の著書「精神障害者をどう裁くか」(2009年)を読んだ。その文中で全日空61便ハイジャック事件の犯人のことが書かれてあった。少し長いが「犯人の生涯と遺書」を書き留めておきたいと思う。それと同時に日本の"できない"人に対して厳しすぎる社会に…

男の自殺者数は女の2,5倍

人生は歩きまわる影法師、あわれな役者だ。人生は儚く瞬く間に死ぬ。男は使い捨て。男は暴力。男よ強くあれ。別に体を鍛える必要はない。知力でもいいし、お金を稼ぐでもいい。男は闘いに勝たなければいけない。戦うことを忘れた男は牙を抜かれたライオンだ。

女は37歳になると使い物にならなくなる

m.25ans.jp 2017年、世界で最も美しい女性の平均年齢は38,9才だった。 米ボストン大学大学院薬学部の研究者たちは、米『ピープル』誌の1990年版「世界でも最も美しい人」に選ばれた50人と2017年版「世界でも最も美しい人」に選ばれた135人を比較。すると1990…

本当に役に立つ本は文字が小さくて退屈で眠くなる本

ついさっき庶民の御用達!その名も熱烈中華食堂・日高屋に行ってきた。私の横には若いサラリーマン、前方には若い女性が座っていた。2人ともスマホでゲームをしていた。後ろに座っているボロボロでシワシワの老人は新聞を読んでいた。隣の席のサラリーマン…

未来のない老人優先ではなく、子供の貧困が優先でしょ

山野良一著・子どもの最貧国・日本(2008年)を読んだ。そしてネットで子どもの貧困事情を調べた。そうしてわかったことは、子どもの貧困を無くせば、犯罪や経済的な社会的コストを大幅に削減できるということだ。諸悪の根源は貧困にアリ。その具体的な解決…

ポケベル→PHS→ガラケー→スマホ→最後はテレパシー

出典:ライフハッカー コミュニケーションツールの進化は驚くべきスピードで進んでいる。私は古くは黒電話のダイヤルを回したこともある。そっから、あっという間にスマホまで来た。次に来るのは、念じただけで相手とコミュニケーションを図れるツールが流行…

楽したらダメという風潮やめて

日本は楽して儲けた人に対して風当たりが非常に強い。努力して苦労して成り上がった人は良くても、たまたま株で3000万円儲けました!みたいな人には世間は厳しい。楽して儲けて何が悪いか。

自殺するくらいなら、やり返す、死ぬのは全員いじめっ子だ!

いじめっ子だけを集めてレイジする映画を作りたい。「アウトイジメ」全員いじめっ子。自殺するくらいなら、やり返す!いじめは絶対に許さない! ※画像の人物は劇団スカッシュから引用。ロゴは個人作成。

医者と保育士の給料はなぜ違うのか?

出典:https://upload.wikimedia.org www.asahi.com 保育士の給料は安い、それは誰にでもできる仕事だからなのか?答えはマルクスの資本論を読めばよく分かる。職業の違いで給料の高低ができるのは、価値と使用価値で給料が違っているからだ。

女の中にはみんな小さな松居一代が住んでいる

浮気や不倫をすると女は怒る。女に又に心と書いて怒りと読む。私は全ての女の中には小さな松居一代が住んでいるのではないかと思った。世間を騒がせた松居一代女史。私はぬるいコーヒーを啜った。

引きこもりたいのに引きこもれない

私はプータローであることと深酒のため、いつもより寝過ごした。コーヒーを一杯よけいに飲み、テレビを1時間よけいに観て、ハーフベーコンを一枚よけいに食べ、もう深酒と夜更かしはよそうと100回目の誓いを立てた。